キーワード検索

サイト内検索を閉じる

月刊レジャー産業資料 2022年7月号

【特集】
グランピング
大競合時代に求められる体験価値とは

全国で新規開業が相次ぐグランピング。一部エリアでは競合関係も顕在化するなど、ハード面の優位性だけでは中長期的に競争力を維持するのは困難となっており、ソフト面、すなわち「食」や「アクティビティ」「サービス」などの“体験価値”を磨くことが不可欠となります。本特集では、グランピングのマーケット環境を整理するとともに、有力事業者の戦略や現場での取組みを紹介。さらに、ケーススタディを1つは既存グランピング施設が競争力向上の実現に向け、どのような付加価値アップを図るべきかという「バリューアップ」の視点。もう1つは異業種が自らのコア事業にグランピングを付加することで、どう相乗効果を実現するかという「アドオン」の視点にグルーピング。2つの視点を通じてグランピング事業の現在をレポートしました。

 
重要なお知らせ

『月刊レジャー産業資料』では、在宅勤務等の拡大を鑑みて、年間定期購読契約者様向けに、誌面PDFデータのダウンロードサービスを実施中です。ご登録のメールアドレス宛に利用方法をご案内済みです。アドレスを未登録の方は leisure-08@sogo-uni.com 宛てに、メールタイトルを「誌面PDF希望」とし、必要事項(貴社名、所属部署・役職、担当者氏名、メールアドレス)をご連絡下さい。

月刊レジャー産業資料 2022年7月号
定価:6,930円(本体6,300円)

コンテンツ

【特集】グランピング 大競合時代に求められる体験価値とは

「食」をはじめとする体験価値の向上を地域との協働で追求
グランピング福岡〜海風と波の音〜

潟Oラノ24Kでは、福岡市郊外の海岸沿いに2013年、ウェディング施設、飲食店からなる複合施設をオープン。目の前に海が広がるロケーションを活かし、隣接地にグランピング施設を増設、日帰り型施設に宿泊機能を付加した。その後もテントの拡充やテントサウナの新設、「食」の工夫など、「アウトドアリゾート」としての体験価値の向上に取り組む。
[OVERVIEW]
生き残るグランピング施設の条件とタイプ
加藤文人[(一社)日本グランピング協会顧問/潟}ザーネイチャー代表取締役]
[OPINION]
独創的なテーマで非日常を提供する
「星のや」流グランピングリゾートの実態
田川貴章[「星のや富士」総支配人]

市場は依然拡大傾向も
ロケーションや施設の質が問われる状況に
西垣俊平[鰍ノしがき マリントピアリゾート 代表取締役]
非日常体験による感動の共有で
人と人、都市と地方をつなぐ
橋村和徳[碍ILLAGE INC 代表取締役社長]
[RENEWAL REPORT]
STAGEX 高島
屈指の競合エリアで既存施設が日帰りエリアをリニューアル
サウナと地域の食文化でカラダとココロをととのえる場に
[CASESTUDY 1|VALUE UP 付加価値の向上]
グランピング福岡〜海風と波の音
グランピングはアウトドアレジャーの1ツール
「食」をはじめとする体験価値の向上を地域との協働で追求

藤乃煌 富士御殿場
コロナ禍で好調に推移したパフォーマンスを
以後も維持するべくさらなる投資へ
THE FARM
グランピング施設を有す農園リゾートが
新たなおふろcaféを開設し滞在価値の向上へ
里楽巣FUJINO
既存事業での知見を施設運営に落とし込んだ
日比谷花壇初の宿泊施設
[CASESTUDY 2|ADD ON 異業種への導入]
かいづか いぶきヴィレッジ
有名シェフによるフレンチと
収穫体験や貸農園を組み合わせたSDGsリゾート

美肌の湯 こしかの温泉
疲弊した湯治宿を取得。固定概念に縛られず
グランピングとの相乗効果を模索、再生へ
グランピング 伊豆シャボテンヴィレッジ
日本初「バス&トイレ」キャビンをドームテントに連結
グループオフィシャルホテルとしてレジャー・観光ニーズも教授
[資料]
2021年4月〜22年6月
グランピング施設開業一覧
[特集関連グラビア]
Snow Peak FIELD SUITE SPA
HEADQUARTERS
本社敷地内に開設した
温浴、飲食、宿泊からなる複合リゾート
[企業レポート]
ブッキングリゾート
掲載数・予約数ともに急拡大する
「リゾートグランピングドットコム」
新たなプラットフォームで異なる宿泊業態への進出にも意欲

NEXT GLAMP
建築確認申請対応の日本製ドームテントと
コンサルティングで安全とトータルサポートを提供
グランピングジャパン
全国70か所以上にテントなどを納入
自社運営も行なうプロデュース企業が見据える次なる展開
[PROJECT REPORT]
RECAMP館山
地元民に愛された観光施設「館山ファミリーパーク」を
キャンプ場としてリニューアルオープン
Recamp(R.projectグループ)

ホワイトハウスヴィレッジ・バギーパーク
Park-PFI制度を活用して自治体からも注目を集める
ワイルドなアウトドアレジャー
潟zワイトハウス
新業態コテージ型グランピングリゾート
BAYSIDE KANAYA
ドライブスルー×独立型コテージ×
セルフクッキングスタイルによる
プライベートグランピングリゾート

[拡大するPark-PFI/VISUAL REPORT]
鳥居崎海浜公園
みなとまち・木更津の活性化視野に
「食」によるにぎわい創造に向けリニューアル

海の中道海浜公園 光と風の広場
パーク・ツーリズムをテーマとする
滞在型レクリエーション拠点
[注目施設レポート]
BEACHTOWN日比谷公園
東京都公園協会との連携協定で
日比谷公園内に会員制アウトドアフィットネス施設が誕生

スポット

KPMGに聞く、宿泊需要の回復のシナリオ――
需要回復の遅れが需給バランスの悪化を招く
コロナ後へのマーケティングとブランドの再構築が急務
編集部
遊技機規則改正にコロナ禍の影響が重なり
不採算店舗の撤退が加速
――パチンコ産業の最新動向
編集部

EVENT REPORT

第60回静岡ホビーショー
中村圭[文殊リサーチワークス]

Front Lines

テイクアンドギヴ・ニーズ
ホテル事業を新たな柱に
2030年度までに26店舗を出店へ
キユーピー
埼玉県深谷市に体験農園、レストラン、マルシェからなる
複合施設をオープン

連載・コラム

    • ■たんちてるの観光地再生奮闘記(125)
       現役社員の死
       たんち てる

    • ■ゴルフマーケット持続的成長への道筋(8)
       好調な時こそ先の一手を
       山下 正

    • ■データで見る レジャー&サービス主要業種動向(7)
       映画館
       帝国データバンク

    • ■ifsインサイト サステナビリティ戦略アップデート(7)
       「ビジネスと人権」世界および日本の動向
       山下徹也

    • ■ニューノーマルに向けた
       海外観光立国のリカバリー展望(23)
       マレーシア
       篠田香子

    • ■ホテルサービス喜怒哀楽(98)
       客室プライベートサウナの時代
       瀧澤信秋

    • ■NEW OPEN
       5月開業施設一覧

News&Topics

    • ◎東京・芝浦の複合開発に、アコーのラグジュアリーブランド「フェアモント」進出

    • ◎ORIX HOTELS&RESORTSが直営ホテル・旅館のブランドポートフォリオを拡充

    • ◎共立メンテナンスが同社最大規模となる都市型リゾートホテルを東京・豊洲に

    • ◎マイステイズがかんぽの宿を「亀の井ホテル」にリブランド

    • ◎リビエラリゾート、三浦と逗子のマリーナにサウナ付帯のグランピングホテル

    • ◎奥飛観光開発、新穂高ロープウェイの山頂エリアをリニューアル

月刊レジャー産業資料 2022年7月号
定価:6,930円(本体6,300円)

関連商品

関連リンク

ページトップ