キーワード検索

サイト内検索を閉じる

月刊プロパティマネジメント 2022年別冊号

[特集]
地方不動産賃貸・売買動向

10都市・27社の地元有力企業に直接取材
10都市を訪問、過去最多の27事業者へ直接取材を敢行。
地方不動産市場の実態と成長シナリオを聞いた。
専門家による賃貸、売買マーケットの分析、総括に加えて地場プレーヤーだけが知る次期有望投資エリアも掲載した。
地方不動産投資の手引書として活用頂きたい。

定期購読にPDFがついてくる!
定期購読契約の新メニュー「Property management PriMe」登場

「PriMe」は、本誌定期購読者様向けに、冊子とともに誌面PDFを毎月お届けするサービスです。大人数部署で雑誌回覧をされている、あるいはテレワーク中心の業務体制の読者企業様におすすめのプランです。詳細は以下よりご覧いただけます。

「PriMe」のFAQは 

こちら


利用規約は

こちら


2022年7月1日よりPDF版(全ページ)の
無料ダウンロードサービスを実施します

月刊プロパティマネジメント 2022年別冊号
定価:3,850円(本体3,500円)

コンテンツ

PICKUP1 地方主要10都市の不動産市況
札幌

札幌の不動産市況と、投資の注目エリアについて、地場プレーヤーに話を聞いた。住宅は好調な稼動を維持する一方、オフィスは賃料アップへの期待感が高まっているなど、地場事業者ならではの「リアル」な声をお届けする。
画像提供:ダイダン

PICKUP2 特別レポート
自社ビルのZEB化実績をもとに環境性能と快適性向上策を提案

ESG対応が不動産投資の新たな常識となりつつあるなか、エネルギー消費量を0%以下にまで減らすZEB(net Zero Energy Building )への注目が高まっている。だがその取り組みは遅々として進んでいないのが現状。そんななか、他社に先駆けてZEB推進に向け舵を切っているのが、ビル設備施工・管理大手のダイダンだ。同社の取り組みについて話を聞いた。

地方不動産「売買」動向

国内不動産投資市場の構図
外資系の地方投資が拡大

松尾俊輔氏[日本不動産研究所]

地方不動産「オフィス」動向

大量供給がスタート
需給は緩和の方向へ

[CBREリサーチ]

地方不動産「賃貸住宅」動向

「安定」成長と「多様化」志向で
進化する地方市場

[長谷工ライブネット]

地方主要10都市の不動産市況

大阪
阪急阪神ビルマネジメント/関電ファシリティーズ
大阪ガスファシリティーズ/エスコンプロパティ
名古屋
名鉄都市開発/トヨタ不動産/大成/矢作地所
福岡
福岡地所/大央/三好不動産/オー・エイチ・アイ
札幌
タカラ/アルファコート/常口アトム
エムエムエスマンションマネージメントサービス
広島
マリモ/三井不動産リアルティ中国/GAパートナーズ/良和ハウス
仙台
REI/平和住宅情報センター
北九州
不動産中央情報センター/ミクニ
京都
長栄
新潟
日生不動産
静岡
ヨシコン

特別レポート

自社ビルのZEB化実績をもとに
環境性能と快適性向上策を提案

ダイダン

特別企画

不動産AM事業者総覧2022

特別付録

不動産金融ビジネス用語集

月刊プロパティマネジメント 2022年別冊号
定価:3,850円(本体3,500円)

関連商品

関連リンク

ページトップ