キーワード検索

サイト内検索を閉じる

月刊プロパティマネジメント 2022年4月号

【特集】
不動産ファンド
AM事業者総覧

読者からの好評をいただき今年で2 回目を迎える本特集は、内容の充実化を図るべく掲載事業者数を増やし情報精度を高めた。不動産ファンドへの投資に関心を寄せる機関投資家をはじめ、投資運用戦略を増強、運営体制をより固めたいAMプレーヤーに参考となるコンテンツを盛り込んだ。今後も読者の声に耳を傾け、ご要望に応えながら、内容の洗練と精度向上を図り充実化をすすめていきたい。

定期購読にPDFがついてくる!
定期購読契約の新メニュー「Property management PriMe」登場

「PM PriMe」は、本誌定期購読者様向けに、冊子とともに誌面PDFを毎月お届けするサービスです。大人数部署で雑誌回覧をされている、あるいはテレワーク中心の業務体制の読者企業様におすすめのプランです。詳細は以下よりご覧いただけます。

「PM PriMe」のFAQは 

こちら


利用規約は 

こちら

月刊プロパティマネジメント 2022年4月号
定価:3,850円(本体3,500円)

コンテンツ

PICKUP 不動産AMの運用資産実態

オポ系ファンド戦略に受難?
安定性重視とESG志向目立つ

不動産投資市場の現況を捉えるため、編集部では不動産AM会社の運用資産実態調査をWebアンケートで行った。昨年から17社増え今年は101社に回答をいただいた。ご協力いただいた各社にお礼を申し上げたい。Webページでは、ダイジェスト版として一部分析データをご紹介する。


OVERVIEW 運用資産実態

不動産AMの運用実態調査
101社のアンケート分析
PM編集部

VIEWPOINT 業務体制実態調査

事業の体制、人事の戦略
人材確保は「報酬」から「環境」へ
梅小路学[エムユーシー]

REPORT AM各社、個性と強み

社会課題解決に事業機会有り
医療、農業、地方にも挑戦
霞ヶ関キャピタル
物流施設投資のスペシャリスト
開発案件からコア型投資まで一気通貫
KICアセット・マネジメント
系列活用で良質資産を獲得
リターン底上げへ労力惜しまず
興和不動産投資顧問
国内外機関投資家の知恵袋
外資系×地域密着で独自色
シービーアールイー
オポファンド主体の運用スタイル
資金力と機動力に大きな優位性
ジャパンコー
あらゆる運用ニーズを拾う商品構成
ESGやDXの強化を着々進める
住商リアルティ・マネジメント
運用資産残高が着実に成長
サステナビリティへの関心強める
丸紅アセットマネジメント
商社系列のバックボーンに強み
開発型・巨大DCで成長に弾み
三井物産リアルティ・マネジメント
有力AMガイド
SPCアセットマネジメント
クリアル
ケネディクス
地主アセットマネジメント
タッチストーン・キャピタル・マネージメント
中央日土地アセットマネジメント
東洋不動産アセットマネジメント
野村不動産投資顧問
三井不動産投資顧問
三菱地所投資顧問

INDEX 不動産AM事業者総覧

不動産AM101社を総力調査
掲載項目:運用資産残高/取扱商品/運用スタイル/運用ファンド本数/運用アセットタイプ/海外運用資産/ESG対応/業務体制/連絡窓口/

HOT TOPICS

長谷工不動産投資顧問が私募REIT
“不動産系&住居系”の希少性が特色
霞ヶ関キャピタルと三井物産デジタルAMが
レジファンド組成、出口はデジタル証券ファンド
建物の揺れ具合を“偏差値”で見える化
森ビルが「土地建物格付けシステム」開発
家電サブスクとリノベ・PMの一体サービス
パナソニックが賃貸住宅向けに展開開始
古都京都を9室に詰め込んだ
“隠れ家的”ラグジュアリーホテル THE SHINMONZEN
住宅売買が増加する
マンハッタンとブルックリン

――From N.Y.

連載

    • 四釡宏吏の世界REIT紀行
      ――イノベーションが生まれ続ける複合IT都市[米国編 シアトル]
      四釜宏吏[グローバルREITリサーチ]

    • 不動産ESG戦略
      ステファン・ヴィルマン氏[アイバンホー・ケンブリッジ]<後編>

    • 南一弘の街を行く
      ――成城|発展なのか繁栄なのか
      南一弘[ジャパン・アセット・アドバイザーズ]

    • 波動と循環で読み解く 不動産景気予測
      ――「ブラックスワン」か「灰色のサイ」か
      萩原淳[アッシュ インベストメント テクノロジー]

    • 法令ニュース
      ――宅地造成等規制法の一部を改正する法律案
      野間敬和[TMI総合法律事務所]

    • 「寝る前に」考える授業
      ――それでも淡々とJ-REIT
      岩内泡蓋

    • 井出保夫の不動産金融レポート
      ――プーチンインフレ警戒でリスクオフ
      井出保夫[井出不動産金融研究所]

    • 商業施設リーシング・チャンス
      ――理容業界変貌の兆し「FRANK‘S BARBAR & BEERCLUB」
      小倉弘氏[クラウドプランニング]

    • From ULI
      ――安定した居住と不動産運営、何したら実現できる?
      トランズパシフィックエンタープライズ

    • News Folder

    • J-REIT MONTHLY DATA FILE
      藤浪容子[アイビー総研]

    • 特別レポート|J-REIT不振銘柄の実情
      山崎成人[REIT アナリスト]

    • ブックレビュー

月刊プロパティマネジメント 2022年4月号
定価:3,850円(本体3,500円)

関連商品

関連リンク

ページトップ