キーワード検索

サイト内検索を閉じる

月刊レジャー産業資料 2022年8月号

【特集】
商業施設
問われるリアル空間としての真価

商業施設・ショッピングセンターの利用動機は低下、かつてのようなテナントの顔ぶれやMD構成だけで人を集めることは困難となっている。いま、商業施設に求められるもの――それは、地域とのつながりや連続性、さらに広場、公園、通路などを効果的に配すことで「行きたくなる」「歩きたくなる」というリアル空間としての価値を最大化することだろう。昨今、新規開業する商業施設からも、こうした「空間消費」とでも呼ぶべき開発志向が読み取れる。
本特集では、今春開業した大型商業施設をビジュアルで紹介するとともに、リアル空間を巧みに活かした商業施設をレポート。さらにウォーカブル視点で地域の不動産価値の向上にも寄与する、アメリカの最新商業施設開発トレンドも紹介する。

 
重要なお知らせ

『月刊レジャー産業資料』では、在宅勤務等の拡大を鑑みて、年間定期購読契約者様向けに、誌面PDFデータのダウンロードサービスを実施中です。ご登録のメールアドレス宛に利用方法をご案内済みです。アドレスを未登録の方は leisure-08@sogo-uni.com 宛てに、メールタイトルを「誌面PDF希望」とし、必要事項(貴社名、所属部署・役職、担当者氏名、メールアドレス)をご連絡下さい。

月刊レジャー産業資料 2022年8月号
定価:6,930円(本体6,300円)

年間定期購読料

定価:74,800円(本体68,000円)[送料込]
最新号(2022年8月号)から

コンテンツ

【特集】商業施設 問われるリアル空間としての真価

亀戸の歴史を引き継ぎ
地域と共創しながら街の力を高める
KAMEIDO CLOCK

サンストリート跡地に開発された野村不動産グループのフラッグシップ商業施設「KAMEIDO CLOCK」は住・商・学+広場で構成される大規模複合施設で、下町ならではの要素とニューカルチャーを融合させている。モノ売りとしての機能だけでなく、地域と共創していくための空間づくりの工夫とは。
[特集関連グラビア/話題の大型商業施設]
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡
屋外を巧みに活用した多様なパークが
つくりだす活気あふれる商業空間

THE OUTLETS KITAKYUSHU
スペースワールド跡地に誕生した
「学び」「遊び」も充実するアウトレットモール
[OVERVIEW]
激変する商業施設・SCの事業環境
その対応策と選ばれるポイント
山田賢一[潟Uイマックス不動産総合研究所 主任研究員]
[CASESTUDY]
KAMEIDO CLOCK
地域共生の実現と新たな空間的価値を創造した
野村不動産グループのフラッグシップ商業施設

柏の葉スマートシティ
KOIL LINK GARAGE by Mitsuifudosan/
KOIL 16 Ichiroku Gate by Mitsuifudosan
まちづくり計画の一環としての商業施設開発
街区のなかにウォーカブルな空間を創出
下北線路街
「支援型開発」から生まれた
シモキタならではの個性を活かす商業空間の実際
tonarie大和高田
GMSを核とするRSCを
食品スーパーを核とするNSCにダウンサイジング
[CLOSE UP]
ブランチ調布
クリーンセンター移転後の市有地に開設
地域コミュニティ醸成を掲げた公共・商業の複合施設

ブランチ守谷
公共のオープンスペースに商業棟4棟を併設
両者の相乗効果創出を狙う
[INTERVIEW]
森内潤一氏[大和リース 取締役常務執行役員]
公有地の有効活用など公民連携を通じて
商業施設の社会的価値向上をさらに追求
[ANOTHERVIEW]
ウォーカブルな空間づくりで
地域の価値を高める「タウンセンター」とは
矢木達也[潟rーエーシー・アーバンプロジェクト 代表取締役]
[DATA FILE]
需給動向からみるコロナ禍における小売業
巣ごもり消費でネット経由の購入が伸長
新設SCは衣料品と食物販のテナント構成比が逆転
綜合ユニコム 企画調査

【特集2】
地域コミュニティの視点から考える
ゴルフ練習場の事業再構築

コロナ禍で堅調が続くゴルフマーケット。都市部を中心にインドアゴルフ施設の開発が活発な一方、屋外型のゴルフ練習場は長らく施設数の減少傾向が続くなど両者の状況は対照的だ。本特集では、厳しい経営環境に晒される屋外型のゴルフ練習場にフォーカス。女性や若年層などの新規ゴルファーの増加によるニーズの多様化に対応したリニューアル施策や積極的な設備投資で、地域コミュニティ施設としての役割を担う練習場をレポート。事業再構築に挑む屋外練習場の先進的な取組みを追った。
[INTERVIEW]
礒ア博文氏[潟Eィルトラスト 代表取締役]
ROYAL GREEN Mito
リニューアルオープン1年の軌跡
新規顧客獲得のための手法とこれからの戦略
[注目施設レポート]
梅里カントリークラブ
大型練習場の閉鎖は地域に何をもたらすか
ゴルフ市場活性化の鍵とは
[CASESTUDY]
ウィンズゴルフステーション新座
「これからのゴルフ練習場」のあり方にトライする地域密着型施設

伊勢原ゴルフセンター
ゴルフの醍醐味が凝縮した「ゴルフパーク」を目指し大規模リニューアル
[特集関連レポート]
秋葉原ワシントンホテル
近隣のゴルフ練習場とコラボした宿泊プランで
売上げ回復と地域の活性化にも貢献する
[企業レポート]
喜和産業
各種省力機器の製造・販売を通して
ゴルフ練習場運営の発展に貢献してきた老舗事業者

hacomono
アナログなスクール運営を「hacomono」で自動化
スマホ予約、キャッシュレス実現の効果
[連載]
ゴルフマーケット持続的成長への道筋(9)
韓国ゴルフブームと日本女子ツアーの隆盛
山下 正

Front Lines

ハワイアンズのグランピング施設「マウナヴィレッジ」
拡張し21棟に。アクティビティエリアも新設
複合レジャー施設内に国内初となる
“初心者特化型”スケートパーク
「CROSPO Skate Park」が誕生

連載・コラム

    • ■ニューノーマルに向けた
       海外観光立国のリカバリー展望(24)
       カリフォルニア州(米国)
       篠田香子

    • ■データで見る レジャー&サービス主要業種動向(8)
       百貨店
       帝国データバンク

    • ■ホテルサービス喜怒哀楽(99)
       鉄道とホテル
       瀧澤信秋

    • ■たんちてるの観光地再生奮闘記(126)
       宿街再生への第一歩
       たんち てる

    • ■NEW OPEN
       6月開業施設一覧

News&Topics

    • ◎柏市の国立がん研究センター東病院敷地内にがん患者とその家族が利用できるホテル

    • ◎京都にブティックホテルを改修した産後ケアホテルがオープン

    • ◎サムティと刀が「ネスタリゾート神戸」の経営権を取得

    • ◎バンヤンツリーが日本での出店を強化。世界5つ目の拠点としての確立を目指す

    • ◎石川県の温泉旅館敷地内にHIS初のグランピング施設「GLAMHIDE WITH DOG KOMATSU」開業

    • ◎和歌山の無人島にハイクラスなグランピング施設「An Eland 〜グランドーム和歌山白浜〜」オープン

月刊レジャー産業資料 2022年8月号
定価:6,930円(本体6,300円)

年間定期購読料

定価:74,800円(本体68,000円)[送料込]
最新号(2022年8月号)から

関連商品

関連リンク

ページトップ