キーワード検索

サイト内検索を閉じる

月刊フューネラルビジネス 2021年3月号

[特集]
「海洋散骨」という選択肢

埋葬手段の1つとして注目される「海洋散骨」。超高齢社会・少子化の進行とともに「墓守不在」という不安を抱える消費者にとっては、その存在価値が高まりつつある。しかしながら、件数増には散骨に関わる法的整備も影響してこよう。今号では、海洋散骨事業を手がける葬祭事業者4社にヒアリングを実施。「海洋散骨」の実態に迫る。

月刊フューネラルビジネス 2021年3月号
定価:4,070円(本体3,700円+税)

コンテンツ

【特集】「海洋散骨」という選択肢

【PICK UP】
ニーズの高まりとともに浮上する法的整備という課題

「海洋散骨」は、超高齢社会・少子化の進行とともに「墓守不在」という不安を抱える消費者にとっては、その存在価値が高まりつつある。しかしながら、件数増には散骨に関わる法的整備も影響してこよう。今号では、海洋散骨を手がける葬祭事業者4社にヒアリングを実施し、「海洋散骨」の実態に迫る。
[序論]

ニーズの高まりとともに浮上する法的整備という課題

――編集部
[ケーススタディ]
拠田[和歌山県田辺市]
――供養のあり方の変化を予測し
  トータルサポート見据え散骨事業推進
潟Iフィスさくら[広島市中区]
――埋葬手段の多様化に応え
  会社設立時にラインナップ
渇J龍庵[熊本県上天草市]
――風光明媚な景観活かし
  本業との相乗効果狙い事業参入
褐N商[千葉県南房総市]
――埋葬・墓所継承の負担を軽減
  粉骨・散骨を下請けし全国の葬儀社に寄与

VISUAL REPORT

ピースフル大額 円樹[石川県金沢市]
――和風高級旅館の雰囲気漂う邸宅型家族葬会館
  

FUNERAL REPORT

河村恭輔 お別れの会[RITZ 5]
――水処理プラント企業の創業者讃え、「水」をテーマに館内演出
故 田中久也 通夜式[天国社姪浜会館]
――福岡県政13期50年務め上げた故人偲び1,000人が会葬

特別インタビュー

演出家 宮本亞門氏

全日本葬祭業協同組合連合会 単組訪問

Vol.03 長崎県葬祭業協同組合

資料

日本の地域別将来推計死亡数(本誌推計)2020〜45年
part9「九州・沖縄」編

NEWS&INFORMATION

    • 青森・桜田造花店、十和田市内に家族葬会館オープン

    • 神奈川・葬儀のこすもす、川崎市内に2会館をオープン

    • 宮城・仙和、新会館オープン。仏壇店をスクラップ&ビルド

    • 新潟・アークベル、三条市に家族葬会館をオープン

    • 北九州・サンレー、福岡市初出店となる会館オープン

    • 大阪北摂霊園、2,000柱の樹木葬墓地を開園へ

    • 兵庫・芦屋市、市霊園内に合葬式墓地開設へ

    • 北海道伊達市に新広域火葬場が4月に供用開始

    • 一条真也氏×鎌田東二氏共著、『満月交心 ムーンサルトレター』刊行

    • SBIいきいき少額短期保険、“ペットの看取り”に関する調査

    • ティア、第7回「“葬儀”に対する意識・実態調査」

    • 大阪・公益社「withコロナ時代の葬儀のニューノーマルに関する意識調査」

新連載

    • ■葬儀社のための戦略的Webマーケティング講座【初級編】[1]
       ゆるりアドバイザリーサービス合同会社 代表社員 古沢保昭氏

    • ■安部由美子のワンランク上の研修雑感[1]
       一般社団法人日本葬祭コーディネーター協会 代表理事 安部由美子氏

    •  

連載

    • ■法律家から学ぶ葬祭業界の「労務問題」[最終回]

    • ■葬儀考察――日本の葬送儀礼と葬儀産業の展開[最終回]

    • ■法学者の目で見る「散骨」30年[最終回]

    • ■松岡泰正の「プロ経営者養成講座」[6]

◆ビジネスナビ
エス・エム・エス、ケントピア、イワタ、スパート、WordWave

月刊フューネラルビジネス 2021年3月号
定価:4,070円(本体3,700円+税)

関連商品

関連リンク

ページトップ