月刊フューネラルビジネス|2019年8月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量
月刊フューネラルビジネス 2019年8月号 本体価格3,700円

【特集】
埋葬手段としての「納骨堂」
――現況と将来像


本紙内容の一部を試し読み
(PDF)
多様化する埋葬手段として、近年、注目されているのが「納骨堂」だ。
特に東京の都心部などでは、「天候に左右されずに墓参できる」
「交通アクセスが格段によい」「手頃の価格帯が揃っている」
といったメリットを強みに、従来の平墓地に代わって人気を集めている。
今号では、全国的にも拡がりをみせている納骨堂に着目し、
こうした伸長トレンドを後押しする背景やニーズ、現況と将来像を、
専門家へのインタビューで明らかにするとともに、
納骨堂を手がける先行事業者や自治体の取組みをレポートする。

時代が要請する高まる埋葬需要  
 葬祭業からみた納骨堂事業の可能性
 ――編集部

《インタビュー》
成世南海堂 代表取締役 阿部勉氏
――社会環境・ライフスタイルの変化に伴い
  進化する事業性とサービス観

《ケーススタディ》
ニチリョク
――自動搬送式のパイオニアとして
  CSアップを基底に展開

瑞光メモリー/瑞光廟 無上殿
――寺院母体の事業者が
  納骨堂とのシナジーで伸長

縁/観音寺納骨堂
――地域密着の葬祭事業と並行して
  ロッカー・仏壇式11種類を管理サポート

京王電鉄/上野さくら浄苑
――鉄道事業者初の
  納骨堂運営サポートに乗り出す

横浜市/日野こもれび納骨堂
――逼迫する市民の墓ニーズに応え
  自動搬送と合葬の2方式で整備

【Visual Report】
西日本典礼 諸岡斎場[福岡市博多区]
――時代の先端をいくロールモデルとして
  築15年の旧館を近接地に建替え・再生

【FUNERAL REPORT】
佐藤安太 旅立ちを祝う会[パレスホテル東京]
――「おもちゃの王様」
  最期の「人生ゲーム」

モンキー・パンチ先生を偲ぶ会[青山葬儀所]
――赤バラ生花祭壇とキャラクターで
  ルパン三世の世界観を表現

【特別企画】
フューネラルビジネスフェア &  
シンポジウム2019


横浜・みなとみらいのパシフィコ横浜にて、6月17、18日の両日にわたり「フューネラルビジネスフェア2019」「フューネラルビジネスシンポジウム2019」を開催した。
23回目を数える本展示会は、「[伝統×革新]人生100年時代の葬祭サービス」をメインテーマに、有益な情報の発信を目指し、出展社数127社242小間、来場者数1万1,829人、シンポジウム受講者数延べ1,816人となった。
今号では、両日の模様をビジュアルレポートする。
なお、来年の「フューネラルビジネスフェア2020」は、6月23・24日に開催。国際葬儀連盟(FIAT-IFTA)の世界大会(6月23日)とも連携し、世界中の葬祭事業者が集まる規模として開催する。

【F's view】
埼玉・博愛社・大宮エリアに初進出
 安置室・サロン併設型会館オープン
 
日本動物葬儀霊園協会
2019年度総会を開催

【DATA BANK】
SBIいきいき少額短期保険「“終活”に関するアンケート調査」
 楽天インサイト「終活に関する調査」

【資料】
日本の地域別将来推計人口(2018年推計)
 Part2「東北」編

【NEWS&INFORMATION】
●静岡・神誠商事、袋井市に新規会館オープン
●広島・森山仏商、家族葬ブランド2号店開設
●札幌・メモリアジャパン、事務所ビルの転用会館オープン
●静岡・出雲殿、袋井市内に邸宅型会館オープン
●沖縄・富士葬祭、県内6か所目の会館新設
●メモリード東京 ぐんかん事業部、パチンコ店を転用・開設
●大分・ファイン、家族葬棟など4棟建て新設
●ニチリョク、売上高32億円余で微減
●はせがわ、売上高190億円余を確保
●ケアサービス、連結売上高89億円の増収
●アスカネット増収増益、売上高63億円に迫る
●全葬連青年部会、第44回全国大会を開催
●全国JA葬祭経営研究会、令和元年度総会、第4回研究会開催
●岐阜・各務原市、県内2例目となる合葬墓を整備
●長野・洞岩寺、今年2月に樹林葬墓苑を開苑
●岐阜・山県市に樹木葬霊園が6月1日に開園
●日本少額短期保険協会、4年間の孤独死データを集計・分析
●厚労省、人口動態統計(概数)、2018年の死亡数は約136万人

【連載】
改正・相続法 6回講座[1]
メモリア流組織づくり〜松岡泰正の実体験に基づく組織づくり論[14]

◆ビジネスナビ
 生前整理普及協会日本香堂グリーネイチャースージーラボ


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043