キーワード検索

サイト内検索を閉じる

月刊フューネラルビジネス 2023年5月号

月刊フューネラルビジネス 2023年5月号

[特集]事業再構築補助金を活かす

2020年からのコロナ禍は、営業活動の制約、原材料費の高騰など国内の中小企業に多大な影響を及ぼした。葬祭業界も例外ではなく、この未曾有の事態からの脱却を目指して政府が設立した「事業再構築補助金」には、葬祭事業者からの申請も数多く見受けられる。
今号では、採択企業のなかから4社をピックアップ、その活用策を探った。さらに、葬祭事業者および周辺事業者からの採択一覧を収載。新たなパンデミックは、いつ何時起こるかわからない。非常時における補助金活用策の価値ある保存版として、ぜひご活用いただきたい。

月刊フューネラルビジネス 2023年5月号

定価:5,500円(本体5,000円)

年間定期購読料

最新号から

定価:46,200円(本体42,000円)[送料込]

コンテンツ

【特集】事業再構築補助金を活かす

「99Gym」の内観

【PICK UP】[ケーススタディ]

伊東市総合葬祭[静岡県伊東市]

――駅近立地の会館を本格ジムへ
  多様な層のニーズに応え高稼働
  本業の会員獲得にも好感触

[序論]

経営基盤の強化・立て直しに欠かせない国の支援制度

気概をもって有効活用し事業継続を

[ケーススタディ]

坂出葬儀社[香川県坂出市]
――遺体安置室整備を機に
  本拠に施設を集約
  施行単価アップとCS向上で好循環

 

中田[和歌山県田辺市]
――仏壇店を刷新し客層拡大
  町の活性化に貢献し高評価
  企業ブランディングも強化へ
  

伊東市総合葬祭[静岡県伊東市]
――駅近立地の会館を本格ジムへ
  多様な層のニーズに応え高稼働
  本業の会員獲得にも好感触

小山祭典具[栃木県小山市]
――本業強靭化へ向けた葬儀外展開
  補助金活用した蕎麦屋の出店で
  地元でのブランド浸透図る

[DOCUMENT]
「事業再構築補助金」葬祭関連事業における採択一覧(抜粋)

特別企画

2022全国新設会館一覧

FRONT RUNNNER

藤原由佳氏 コープ葬祭 代表取締役

VISUAL REPORT

ハートホール北国分[千葉県市川市]セレモ
――ドミナント展開強化する
  セカンドブランド4号店

FUNERAL REPORT

故 藤原鼎甲 本葬・告別式[ベルホール萩]
――県内有数の葬儀社に育て上げた
  創業者を第1号会館で追悼

エンドーチェーン 遠藤養一 お別れの会[江陽グランドホテル]
――天上へと向かう追悼コメント
  タイムラインパネルで送る

故 栁澤本次 お別れの会[群馬音楽センター]
――地元発展に寄与した県政重鎮を
  送る高崎市との合同葬

CLOSE UP

ファイング[岡山市北区]

特別対談 事前囲い込みの要諦②

菊川諒人氏[オースタンス 代表取締役社長]
 ×
白石和也氏[LDT 代表取締役CEO]
――高齢者世代の顧客化を目指す
  「シニアDX」の有効性と可能性

全日本葬祭業協同組合連合会 単組訪問

Vol.20 香川県葬祭業協同組合

葬祭支援システムレポート

LDT[東京都港区]

資料 DATA

訃報・お別れ会情報(2023年2月21日~3月20日)

F’s View

仙台・清月記、他社施設を取得し

石巻市4か所目の会館開設

NEWS & INFORMATION

▶きずなホールディングス、愛知県内に相次いで2店舗開業

▶日本香堂ホールディングス関連会社、仏事関連サービス企業を子会社化

▶2022年の死亡数、158万人を突破

▶多様なおもてなしを学ぶ、ホスピタリティの教科書

▶燦ホールディングス、家族葬に特化した新ブランド始動

新連載

■知っておきたい「海洋散骨」のイロハ(1)

連載

■目からウロコの補助金等活用術(7)

■切り絵で見るお葬式のイマ・ムカシ(7)

■人的資本経営のススメ(2)

◆ビジネスナビ

(一財)冠婚葬祭文化振興財団、(一社)日本動物葬儀霊園協会

月刊フューネラルビジネス 2023年5月号

定価:5,500円(本体5,000円)

年間定期購読料

最新号から

定価:46,200円(本体42,000円)[送料込]

関連商品

関連リンク

ページトップ