キーワード検索

サイト内検索を閉じる

月刊誌・経営資料集から注目の記事をピックアップ

月刊プロパティマネジメント

図表 Global Luxury Brands:地域別売上高予測

ラグジュアリー市場の拡大が不動産投資に“変革”を及ぼす

須賀勲氏[クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド]に聞く

日本のラグジュアリー市場が活況を呈し、それに伴いプライムリテールやラグジュアリーホテル、高級レジデンスなど「高級不動産」への注目が増している。富裕層の消費ニーズの拡大、経営者や資産家層に消費意欲旺盛な若い世代の参入、インバウンド消費が急回復、などを背景に、行政府や地方自治体もそうした富裕層取り込みを後押ししている。

月刊レジャー産業資料

アウトドア市場の変化に対応した事業戦略の再構築を

2010年代後半から兆しをみせ コロナ禍で一気にブームが加速

コロナ禍では多くの国々でキャンプブームが起こった。車を使えばドアツードアで移動でき、3密を避けられて開放感が味わえるキャンプは、閉塞感に包まれたコロナ禍のなか、ストレスを解消できる数少ないレジャーということで日本でも人気を集めた。

月刊フューネラルビジネス

回復トレンドにある葬祭業界 全国の会館数1万0,764か所

【抜粋】葬祭会館の開発・整備状況

2023年はコロナ禍の影響で最も落ち込んだ観光・旅行・飲食・サービス業をはじめ、わが国の経済・社会活動が正常化へと向かいつつある1年であった。では、葬祭業界はどうだったか。月刊フューネラルビジネス6月号では、2023年の国内外情勢、2023年の葬儀市場、葬祭会館の開発・整備状況の3項目をレポート。ここでは、葬祭会館の開発・整備状況の一部を抜粋して掲載する。

経営資料集

レジャー・集客施設のSNSコミュ二ケーションの実態

『レジャーランド&レクパーク総覧2024』より

全国の主要なレジャー・集客施設を対象に行なったアンケート調査によると、レジャー施設・ミュージアムの公式SNS※の開設状況は、Twitter(現X)とInstagramが最も多く75.2%、次いでFacebookが71.9%、YouTubeが52.9%の施設で開設していた。開設しているSNSのなかで最も注力しているものは、Twitterが最も多く45.7%、次いでInstagramが42.0%となっており、この2つのSNSが特に重視されているといえる。・・・・・・

ページトップ