キーワード検索

サイト内検索を閉じる

ホテルにおける
[投資事情][賃料形態][事業スキーム]
再構築検討講座

今こそ、賃料形態・事業スキームの再整備を行ない、ホテル投資・事業再型M&Aの新たなフェーズを開く

  • ホテル
  • セミナー
ホテル事業収益分析/ホテル賃料の決定メカニズムと賃料改定交渉、契約形態変更の実務
● COVID-19によるホテル業界への影響(現状分析・トレンド)とは
● 投資・事業再型M&Aに活かす、ホテル事業収益構造とは
● 観光市場の切迫で、今こそ見直しに入る「賃料形態」のメカニズムの理解
本セミナーは、ホテル業界、ホテル投資市場の現状を見たうえで、新規・再生投資の指標となる事業収益の分析ポイントを見直します。
しばらくのコロナ共存と、インバウンド市場が回復するまでの間に、ホテル経営を維持していくために、今直面する課題について、まずは「賃料形態」「事業スキーム」「契約形態」などの基本を見たうえで、次代に対応できる改善ポイントなどを研究します。
講師には、澤田竜次氏(PwCコンサルティング合同会社 Real Estate & Hospitality パートナー)を招き、日本のホテル業界の再構築のための講座として開催してまいります。

セミナープログラム

13:00〜17:00 ※途講演途中に随時、休憩を挟みながら進行いたします 

1. COVID-19によるホテル業界への影響
―― 現状分析・トレンド・投資事情

● 最新・ホテルパフォーマンスの動向と分析および今後の見込み
● 日本および世界のホテルブランドは、この状況でどのような備えをしているか
● 現状の開発の動向、および今後の見込み
● 今、ホテル事業の投資環境は適正か
 …M&Aの動向、レンダーのスタンスおよび今後の見通し


2. 投資・事業再型M&Aで認識すべき、ホテル事業収益分析の基本

● ホテルビジネスの事業特性
● ホテル経営のストラクチャーと各ステークホルダーの課題
● 収益分析のための指標・収益構造の基礎理解、適正数値の見方

 (1)ホテルの収支構造
 (2)ホテルのKPI分析、ベンチマーク指標
● ホテルタイプ別でみた指標と事業構造、リターンの把握、GOP比率、利回りの把握

3. ホテル賃料の決定メカニズムと、賃料改定交渉、契約形態変更の実務

● ホテル賃料を決定するうえで理解しておくべきポイントとは
● ホテル賃料の決定メカニズムと実務上の留意点
● ホテル賃料改定と交渉実務
● 賃貸借契約上での今後の留意点


4. 事業スキームの見直しをどう図るか

● ホテルの事業スキームの基本
● ホテルオペレーションの契約形態と改善のポイント

(1)MC(Management Contract)
(2)賃貸借
(3)フランチャイズ
● 世界のオペレーターが進めてきた事業スキームの変遷(実例紹介)

5. 投資・再生の判断基準のポイント・施設ポテンシャルの見極め

● ウィズコロナ、アフターコロナ時代に生き残るホテルの条件
● 今後求められる運営力・コンセプト・施設要件
● デジタル時代に向けたホテルの未来


開催日時 2020年9月17日(木) 13:30〜17:00
会場 都市センターホテル
東京都千代田区平河町2-4-1 TEL. 03-3265-8211
※詳しい会場案内図は参加証にてお知らせいたします。
参加費 46,200円(1名様につき/消費税および地方消費税を含む)
・同一申込書にて2名以上参加の場合は
 41,800円(1名様につき/消費税および地方消費税を含む)
※テキスト代を含む。

講師&企業プロフィール

澤田 竜次(さわだ りゅうじ)

PwCコンサルティング合同会社
Real Estate & Hospitality パートナー
ワシントン大学にて経営学修士(MBA)を取得。過去10数年にわたり、コンサルティングおよびファイナンシャルアドバイザリー会社にて、主としてホテル・不動産業界に対してM&A、企業再生、およびコンサルティング業務を提供。
現在は、PwCコンサルティング合同会社のリアルエステート・ホスピタリティグループにて、ホテル開発関連アドバイザリー(ブランディング・コンセプト設計からオペレーター選定支援まで)ならびにコンサルティング業務(事業戦略立案、業務改善からデジタル/IT化支援まで)を提供している。

内容に関するお問合せ

綜合ユニコム株式会社 企画事業部
TEL.03-3563-0099

ページトップ