キーワード検索

サイト内検索を閉じる

GK-TK(合同会社・匿名組合)を中心に学ぶ
不動産証券化の理解と
不動産私募ファンドの組成実践 【基礎講座】

人気講座追加開催
不動産実務担当者の必須知識「不動産証券化」の理解を深め、
不動産私募ファンド組成の計画立案、組成の手順を学び直す。

  • 不動産
  • セミナー
◆不動産証券化の基礎知識を学び直し、企画・組成実務を習得
◆ 不動産私募ファンド業務フローと利害関係者をわかりやすく解説
◆ GK-TK、TMK、REIT等各種スキームの解説と特徴、メリット・デメリットとは
◆ GK-TKスキームを中心にファンド組成企画を考える
本セミナーでは、不動産証券化の基礎知識を学び直し、GK-TK(合同会社・匿名組合)などファンド組成の主要スキームを中心に、スキームづくりの企画立案、その準備・手順、対象不動産にみるスキームの選択、スキームごとのメリット・デメリットについて解説いたします。 対象不動産の効率的なファンド組成を実現するために、経験豊富な講師が体系的に不動産証券化の実務、不動産ファンドの業務内容を詳解いたします。

セミナープログラム&タイムスケジュール

13:00〜17:00 ※随時、休憩を挟んで進行してまいります

T. 不動産証券化・私募ファンドをはじめるときに知っておくべき基礎知識

1. 不動産証券化の歴史と市場動向
2. 不動産証券化は不動産ビジネスで、どう有効な仕組みなのか
3. 不動産証券化のファンドの種類
 (資産流動化型/資産運用型/開発型)の基礎理解

U. スキームの種類、特徴と、メリット・デメリット、許認可関連実務

1. GK-TK(合同会社・匿名組合)スキーム
2. TMK(特定目的会社)スキーム
3. 不動産特定共同事業法のスキーム 4. REITスキーム

V. 不動産私募ファンドの実務〜企画立案・組成手順・運用
――「GK-TK」を中心に

1. どのような不動産をファンド化できるのか
2. 誰がどのような役割を担うのか
(不動産会社、金融機関、関連プレーヤー)
3. 企画立案段階
・ 不動産評価の実施
・投資事業計画の策定・キャッシュフロー表の作成
・ファンド初期コストの積算
・ 運用会社としてのファンド運用による利益計画
・ スケジューリング
・ 資金調達計画(ローン、エクイティ)
・ 金商法の投資運用業者や不動産総合投資顧問業者として留意する点
・ 投資委員会、コンプライアンス委員会の開催と記録の整備
4. ファンドの組成手順
・ 売買契約交渉段階(買付、売渡し、独占交渉権の確保)
・ 契約書のステータス管理方法
・ スキームの準備
・ デューデリジェンスの準備
・ 資金調達の準備
・ 各段階でのトラブル防止法

W.コロナ時代のファンド組成

・ 不動産ファンドの維持・再生のための主たるポイント
・ テナントとの賃料交渉の主たるポイント

X. 質疑応答

開催日時 2022年10月18日(火) 13:00〜17:00
会場 東京ガーデンパレス
東京都文京区湯島1-7-5 TEL.03-3813-6211
※詳しい会場案内図は参加証にてお知らせいたします。
参加費 55,000円(1名様につき/消費税等含む)
・同一申込書にて2名以上参加の場合は
 48,400円(1名様につき/消費税等含む)
※テキスト代を含む

講師プロフィール

諌山 哲史(いさやま てつふみ)

東京アセットトラスト株式会社
代表取締役社長

専門領域は、不動産ファンド組成運営、医療介護系企業のM&A。 2006年 投資顧問会社を創業し、12年間黒字経営。同社を14年に上場企業へ譲渡。現在は東京アセットトラスト褐o営の他、学校法人理事や多数の医療法人のアドバイザーとして経営陣への助言を行なっている。
ファンドアレンジメント総額3,500億円超、ファンドマネージャーとして約1,300億円の不動産投資・約600億円の売却を統括。
不動産鑑定士、医療経営士1級

[著書]
「特定目的会社(TMK)活用の不動産証券化実務資料集」(2008年)
「テナントからの[賃料減額請求]に対する法的対応策と賃料交渉戦略資料集」(共著 2011年)
「不動産私募ファンド組成実務マニュアル&書式集」(2019年)いずれも綜合ユニコム発刊

内容に関するお問合せ

綜合ユニコム株式会社 企画事業部
TEL.03-3563-0099