キーワード検索

サイト内検索を閉じる

最新版 いまさら誰にも聞けない誰にも聞けない
プロのための不動産投資利回り基礎知識習得講座

不動産投資利回りを実務的に説明できるための[キーワード]と[投資指標]の理解を深める

不動産利回りは、不動産プレーヤーの「ビジネスツール」。
不動産利回りの説明責任と市場ベンチマーク、レバレッジ、投資家が要求する利回りなど
投資局面に対応できるための基礎知識を学ぶ実践講座

  • 不動産
  • 不動産投資
  • 不動産利回り
  • セミナー
こんな方に受講をお勧めします。
◆利回りを求める数式を本で何度読んでも実務で自信を持って使うことができない
◆自分がビジネスをしている市場にも関わらず、その市場利回りを他人に聞いてしまう
◆プロパティマネジメントが要求する利回りと、アセットマネジメントが要求する利回りの違いとは?

不動産投資環境が活況を呈するなか、不動産プレーヤーにとっては、どのような局面であっても投資家の要望に応える投資案件の提案をしていく能力が、より求められる時代になりました。その提案の際に投資家の指標となるのが「利回り」で、いまや不動産業のビジネスツールともいえる必須な指標となっています。しかもコア不動産投資、バリューアッド不動産投資、オポチュニスティック不動産投資等、様々な投資戦略のビジネスモデルに対応できる利回りの提案実務を知る必要があります。資産の投資評価を単に利回りだけで判断するのではなく、投資ビジネスモデルごとに判断し、また、投資家が要求する利回りを実現するビジネスモデルであるか の検証も必要です。
本セミナーでは自信を持って利回りを使えるようになるために必要な知識をマスターできるよう、用語・キーワードの整理・理解と、ケーススタディを用いた利回りの提案の基本を学んでまいります。

セミナープログラム&タイムスケジュール

13:00〜17:00   ※適宜休憩を挟みます

1. 日本の不動産投資市場の潮流

日本のバブル経済破綻、小泉政権の平成のいざなぎ越え、
リーマンショック、アベノミクス、異次元の金融緩和、そしてインフレへ。
不動産投資市場の潮流を俯瞰する

2. 不動産投資の仕組み

レバレッジ不動産投資スキーム ROA 金利 ROE
アセットホルダー デットホルダー エクイティホルダー パワーホルダー

3. 不動産利回りの説明責任と市場ベンチマーク

キャップレート 不動産総合収益率 不動産投資インデックス CAPM
裁定取引 ベンチマークの国際的潮流 G20不動産価格指数
ヘドニック法 セールスリピート法 東証REIT指数
S&Pケース・シラー住宅価格指数 ビジネスモデル
ホームエクイティーローン サブプライム住宅ローン I/O 住宅空家問題

4. バレッジ

オーバーレバレッジ 金利リスク ビジネスリスク

5. 投資家が要求する利回り
 ― リスクの対価としての利回り ―

プロパティマネジメント アセットマネジメント
ハゲタカファンド バルクセール 再生ビジネス 現在価値 
リスク調整済み利回り 割引率の求め方 リスクフリーレート 
リスクプレミアム 市場の名目リスク CDS指数 VIX指数 
投資利回り IRR NPV フィッシャー交換方程式 QE QT
コア不動産投資 バリューアッド不動産投資 
オポチュニスティック不動産投資

6. ケーススタディ
 ―― 不動産事業者が直面するケースでの対応

@ 都心で8%以上で回る収益物件を探しているお客様がいるのですが、いい物件ありませんか?
  ―― 実際には4%台での物件でしかない。この状況をどう理解するか?
A 収益物件を売りたがっているお客様がいるのですか〜。
  ―― 物件を見る目、収益の相場観、指標の掴み方
B 投資期間3年でIRR20%以上、“アモチなし”の物件を探しています。
  ―― 3年でIRR20%の物件の意味とは
C 投資家意識調査にみられる収益率を当てはめた不動産投資物件とは

7. 今後の不動産投資市場の循環予想


8. 質疑応答




開催日時 2022年9月29日(木 ) 13:00〜17:00
会場 明治記念館
東京都港区元赤坂2-2-23 TEL 03-3403-1171(代)
※詳しい会場案内図は参加証にてお知らせいたします。
参加費 55,000円(1名様/消費税等含む)
・同一申込書にて2名以上参加の場合は
 48,400円(1名様につき/消費税等含む)
※テキスト・コーヒー代を含む

講師プロフィール

川津 昌作(かわつ しょうさく)

川津商事株式会社 代表取締役
川津ビル株式会社 代表取締役
博士(経営学)
学会所属:
日本不動産学会 日本金融学会
日本商業学会 日本都市計画学会

1981年滋賀大学経済学部卒業、同年松下電器産業鰍ノ入社後、設備機器営業本部に着任。85年川津ビル椛纒\取締役に就任。同年川津商事椛纒\取締役も兼務。自ら不動産資産を運用しながら、不動産コンサルタントとして不動産の売買・仲介にも従事している。日本不動産学会、日本金融学会、日本商業学会、日本不動産金融工学会において論文、研究報告を多数著し、また、インターネットWEBサイト「不動産何でも相談室」、まぐまぐニュースレター「名古屋ビジネス情報」を主宰する。不動産事業経営者として不動産市場の現場に身を置きながら、投資理論やメカニズムを解釈し実践する、不動産業界屈指の理論的経営者。
[著作]
2000 『不動産投資マネージメントの戦略』 晃洋書房
2002 『不動産投資の成長メカニズム』 清文社
2004 同書翻訳出版日本著作権輸出センター取次
2004 『不動産投資戦略』 清文社
2006 『ハイレバレッジ不動産投資』 清文社
2008 『リスクを移転し始めた不動産投資市場』 清文社
2010 同書翻訳出版
2014 「いまさら誰にも聞けないプロのための不動産

内容に関するお問合せ

綜合ユニコム株式会社 企画事業部
TEL.03-3563-0099

ページトップ