キーワード検索

サイト内検索を閉じる

物流施設の賃料と価格形成要因を徹底解剖

最新情報公開!
大型物流施設の大量供給時代へ。
安定した収益を生む物流施設に、不動産企業、Jリートや投資家の資金が集まる。
競争優位性ある物流施設を判断するバリュエーション手法を徹底研究!

  • 物流不動産研究
  • セミナー
〜ケーススタディを交えた評価手法の分析〜
● 進化する物流不動産の市場環境と市場ニーズとは
● 物流施設を不動産事業としてみたときの事業構造とは
● [賃貸][売買]マーケットの特性と決定におけるメカニズムは
● 物流不動産投資における利回りの見方・投資家の目線とは
大型物流施設の開発・投資が依然として活発な動きを見せています。
事業拡大を急ぐ3PL事業者のスペース需要、Eコマース・通信販売市場拡大に伴う通販会社の物流拠点需要、大手企業の配送拠点整備などがその背景にあり、より好立地・効率的な物流拠点を求めることから、新規需要は今後も増大していくと予想されます。
また、大手不動産企業を中心に、物流施設の開発・投資も依然積極的で、立地・規模・機能の充実、働く従業員の通いやすさ、アメニティのほかに、圧倒的な安全、施設管理のあり方など運営面(プロパティマネジメント)の技術力にも注目することが、開発・投資の判断になってきています。
そこで本セミナーは、物流施設の投資にあたり、その不動産収益をつかさどる「賃料」と「価格形成要因」にスポットを当て、決定メカニズムを把握するセミナーとして開催いたします。活況を呈する物流不動産の基本を学び直す機会として、積極的なご参加をお勧めいたします。

セミナープログラム&タイムスケジュール

13:00〜17:00 ※途中休憩を挟みながら進行してまいります。 

1. 物流市況の動向

●物流施設をめぐるマーケットの状況と変化
●各マーケットにおける需給動向と最新トピックス
●物流施設の立地の考察
・ 主要エリアと特徴
・ 最近の開発動向
・ 最近の取引事例
●今後の見通し
・ 利回りはまだ下がるのか
・ 大量供給と空室率

2. 物流施設の賃料

●物流施設の賃料の決め方
・ 費用性の観点
・ 市場性の観点
・ 収益性の観点
・ BTS( Build to Suit)型とマルチテナント型
●主要エリアの賃料水準と推移

3. 物流施設の価格

●キャップレートの考え方
・ 立地
・ 施設タイプ
・ 契約内容
●主要エリアのキャップレートと推移
●キャッシュフローの考え方
・ BTS 型とマルチテナント型の相違

4. 物流施設用地の他のアセットへの代替性

●データセンター用地との比較

5. 質疑応答

開催日時 2020年5月22日(金) 13:00〜17:00
会場 アイビーホール
東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL 03-3409-8181
※詳しい会場案内図は参加証にてお知らせいたします。
参加費 46,200円(1名様につき/消費税および地方消費税を含む)
・同一申込書にて2名以上参加の場合は
 41,800円(1名様につき/消費税および地方消費税を円含む)
※テキスト・コーヒー代を含む。

講師プロフィール

江口 晃太 (えぐち・こうた)

大和不動産鑑定株式会社 東京本社 鑑定本部 部長
不動産鑑定士・インダストリアルチームリーダー
不動産証券化協会認定マスター
証券化案件、担保評価等を通じて各種アセットの評価実績を有する。 物流施設についてはREITによる取得案件の評価、スキームを活用した開発における評価等、既存物件の評価から高機能の大型物流施設までの評価実績が多数。

赤坂 祐介 (あかさか・ゆうすけ)

大和不動産鑑定株式会社 東京本社 鑑定本部
不動産鑑定士・インダストリアルチーム
証券化、資産評価、担保評価に係る様々な案件を手掛け、小規模から大型マルチテナント型物流施設まで数多くの評価実績を有する。主に物流についてのマーケット分析を担当し、不動産ファンドや金融機関等のクライアントに対して、マーケットの考察を踏まえた助言を提供している。

内容に関するお問合せ

綜合ユニコム株式会社 企画事業部
TEL.03-3563-0099

ページトップ