キーワード検索

サイト内検索を閉じる

フィットネス施設付帯サウナを活用した
新サービスを支える予約管理システム

「hacomono」

「RAFEEL恵比寿」がサウナ利用プランに導入
  • レジャー産業
  • サウナ
  • システムレポート
  • 予約・決済

スマートフォンでの「Monday Sauna・Spa」の予約画面

「待たない、混まない」と利用者から好評のサウナ利用プラン
鞄結}スポーツオアシスの運営する24時間型フィットネスクラブ「RAFEEL(ラフィール)恵比寿」が、2022年1月より、施設内のサウナを活用した利用プラン「Monday Sauna・Spa」を開始した。このプランの利用申込み・決済システムに採用されたのが、撹acomonoが提供するSaaS型予約・決済サービス「hacomono」だ。
「RAFEEL恵比寿」は、同社のフィットネスクラブ「オアシス」の上位ブランドとして08年にオープンした。女性向けスパメニューの充実のため、開業時より男女別の大浴場を備え、それぞれにサウナと水風呂を付帯している。同社では昨年11月よりサウナ施設の活用を検討し、休館日である毎週月曜日の利用プランのスタートに至った。
「RAFEEL恵比寿」の女性用大浴場(左)と男性用サウナ室(右)。サウナ室は女性用12u、男性用10uで、時間帯ごとの予約枠は、満員時の約半分、女性8人、男性6人で受け付けている
「Monday Sauna・Spa」のプランは3種で、サウナ・水風呂・大浴場などを最大90分利用できるサウナ・スパ利用プランが2,200円(税込)。上記に加え、ワーキングスペース、ラウンジをサウナ利用前後に最大180分利用できるプランが3,850円(税込)。加えてそれらの貸切プランだ。
利用者はRAFEELの会員向けシステムとは別に、店舗のプラン案内のWebページから「hacomono」のシステムに誘導し、会員登録と日時ごとの時間指定予約・申込みを行なう。完全予約、事前クレジット決済、都度利用のチケット購入制とし、チケットの有効期限は購入日より60日間。申込みの日時をキャンセルしても、期間内の再予約が可能だ。
利用動向について、鞄結}スポーツオアシス RAFEEL恵比寿 マネージャー 大城宏章氏は、「開始して間もない状況ではありますが、スタジオやレッスンの予約と異なり利用直前の申込みが多い傾向にあります。プラン別では、サウナ・スパ利用プランが95%以上で、隙間時間ができたときに近隣のサウナを探して申し込まれるイメージです。キャンセルはほぼありません。リピートは2割程度、年齢層は20歳〜50歳代までまんべんなく、ただこれまでのジム会員とは異なる方々に利用いただいています」と分析する。こうした新しい利用者からロウリュへのリクエストを受け、対応すべく早速準備に取り掛かっている。
「サウナのクチコミサイトで、当施設への投稿に『待たない、混まない。なので本当は教えたくない』とのコメントがありました。これは事前予約、チケット制ならではの強みかと」(大城氏)と、「hacomono」導入による利用者への利便性を評価する。同社では今後、サウナプランを適用する曜日の拡充や、同じようにサウナを備えた他施設への展開を検討していく。

問合せ

撹acomono
東京都豊島区南池袋2-35-4
ユニティ池袋5F
月刊レジャー産業資料
2022年5月号

月刊レジャー産業資料 2022年5月号
定価:6,930円(本体6,300円)

関連リンク

ページトップ