キーワード検索

サイト内検索を閉じる

マーケティングレポートのご案内

「マーケティングレポート」は、レジャー・サービス、不動産関連の注目業態を体系的に分析・展望したPDF版の新商品です。
需要拡大の背景、業態特性、市場性と課題、主な展開企業・施設リストなど、企画立案をはじめ、意思決定のために社内外で求められるマーケット分析、シナリオ策定などにお役立ていただける情報の提供を目指して編集しました。
●A4判カラーPDF ●各17〜25頁 ●定価 各33,000円(本体30,000円)

利用規約は

こちら

「企業ミュージアム」

“Society5.0”にふさわしい企業ミュージアムの実現に向けて

2017年から2022年3月に開館・改装した主な企業ミュージアムは242例を数えます。公立博物館に比べて、新設・リニューアルが短いスパンで活発に行なわれています。
オープン・リニューアル施設一覧を掲載するほか、コロナ禍で急速に進展したバーチャルミュージアムをはじめとするオンラインを利用した事業展開や利用者概念の拡張の動き、また改正博物館法や文化観光推進法などの施策にともなう動向などを踏まえ、これから求められる企業ミュージアム像ついて整理し、そのポイントを解説します。

「シェアキッチン/ゴーストキッチン」

ゴーストレストランの継続入居にはサポート機能が必須に

コロナ禍で飲食店が影響を受けた一方、ゴーストレストランの市場が急伸しています。その市場規模は400億円ともいわれています。このゴーストレストランのサポートとして注目されている業態が、シェアキッチン/ゴーストキッチン(クラウドキッチン)です。
ビジネスモデルは不動産賃貸業の範疇であるものの、市場のパイをめぐって入居者サポートやコンサルティング、リアル店舗とのハイブリッド型など、さまざまな業態に派生しつつあります。最新動向を、事業成立要件、事業収支モデルとともに解説します。

「デジタル系没入型体験施設」

ネット社会における価値観のもとで若い世代からの支持を得る

近年、デジタルインスタレーションから構成される空間没入型体験施設やイベントが大きな話題になっています。特に若い世代から支持を得ており、リアル社会での定型的なものに対する興味が減退し、ネット社会のような不確実性や個性がロケーションビジネスにも求められるようになってきたことの現われといえるでしょう。
混同されがちなデジタル系没入型体験施設をカテゴリー分けし、その特性と拡大する体験ニーズを取り込むアプローチの仕方を探ります。

「キッズ・プレイグラウンド」

安定的な集客力を誇るが、供給過多による訴求力低下の懸念

屋内型のキッズ・プレイグラウンドは、いまや大規模ショッピングセンターで定番の時間消費型テナントとなりました。従来からの少子化、親子・3世代ニーズに加え、コロナ禍で家族意識が変化したことで、今後は父親視点の施設開発が期待されます。
キッズ・プレイグラウンドの開発動向と市場性を解説するとともに、エデュテインメント、デジタル、キャラクターなど、主なキッズ・プレイグラウンドのリストを付しました。

ページトップ