キーワード検索

サイト内検索を閉じる

キッズ・プレイグラウンド

堅調・安定的な集客力を誇るが
将来的には供給過多による訴求力低下の懸念

  • SC
  • インドアプレイグラウンド
  • マーケティングレポート
   
屋内型のキッズ・プレイグラウンドは、いまや大規模ショッピングセンターで定番の時間消費型テナントとなりました。従来からの少子化、親子・3世代ニーズに加え、コロナ禍で家族意識が変化したことで、今後は父親視点の施設開発が期待されます。
キッズ・プレイグラウンドの開発動向と市場性を解説するとともに、エデュテインメント、デジタル、キャラクターなど、主な施設のリストを付しました。
●A4判カラーPDF/17頁 ●定価33,000円(本体30,000円)●2022年4月20日発刊

編集内容

1. プレイグラウンドのカテゴリー

(1)プレイグラウンドの類型

2. 需要拡大の背景

(1)ライフスタイルの変化
(2)親子・3世代ニーズの拡大

3.施設開発動向

(1)ASOBono!の登場
(2)多様化するキッズ・プレイグラウンド

4.オペレーターの動向

(1)参入企業

5.事業特性

(1)業態特性
(2)集客特性

6.課題と展望

(1)需給バランスの変化
(2)コロナ禍で顕在化した家族意識と父親視点の施設開発の可能性

主なキッズ・プレイグラウンドの概要

マーケティングレポート
「キッズ・プレイグラウンド」
定価:33,000円(本体30,000円)

著者

三浦 直子 文殊リサーチワークス

内容に関するお問合せ

綜合ユニコム株式会社 企画情報部
TEL.03-3563-0120