「季刊レジャーホテル」通信③

2020.06.01 発信

「レジャーホテル企業『コロナショック対策』緊急アンケート」速報

430%ダウンをピークとし5月以降に復活の兆し
感染予防の徹底と、その効果的なアピールが課題に

 
「季刊レジャーホテル」編集部では、「新型コロナウイルス」感染拡大に伴い、全国の主要なオペレータ企業を対象に、「レジャーホテル企業『コロナショック対策』緊急アンケート」を実施した。現時点の27社(307ホテル)のデータの一部を速報値として紹介する。
 「2019年度の売上実績」は、増加15社、減少10社で、前年比平均は99.9%となった(図表1)。昨年の同回答では、前年比平均は104.6%となっており、今年1月からの「新型コロナウイルス」感染拡大の影響が推察される。
 「2019年度実績の内訳」をみると、「増収増益」12社に対して、10社が「減収減益」と回答している(図表2)。さらに、2020年度の売上実績(予測)では、20社のうち18社が「減収減益」と回答するなど、コロナショックの影響をふまえ、厳しい状況が指摘できる(図表3)。
 「新型コロナウイルス」の影響は、1、2月の前年比売上げが100%を超えているのに対して、3月 92.6%、470.9%と急速に低下している(図表4)。とくに緊急事態宣言が発令された47日以降は、都心部のホテルから「32.9%」「44%」といった厳しい回答が寄せられている。
 レジャーホテル業界にとっても大きな打撃であるが、その一方で、シティホテル、ビジネスホテルの稼働率が7割減という厳しい状況と比較すると、カップル需要というマーケットの堅調さが指摘できる。実際、もっとも厳しい4月期でも、地方の郊外立地のホテルの多くは、7080%台の数字を維持しており、なかには「105%」といった回答もみられた。
 他の利用客と接することなく、フロントからルームへと入室できるレジャーホテルは、他の宿泊業態と比べて「3密」の危険性が低い業態といえ、外出自粛で行き場所を失った多くのカップル客が、安心・安全のプライベート空間として利用していたという経緯が指摘できる。
 今後のホテル運営に求められるのは、「外出自粛」解除後の集客対策として、カップル客の「安心・安全」ニーズに訴求する徹底したウイルス感染予防の取組みと、その効果的なアピールである。図表5として、各社の取組みをまとめたので、是非とも参考にしていただきたい。


季刊「季刊レジャーホテル」
編集長 金江 広



■図表
※クリックで拡大表示
 


 


「季刊レジャーホテル」通信

〈レジャーホテル通信⑥〉
第2弾緊急アンケート、8月前年比91.9%と堅調も「アフターコロナ」を見据えた新たな戦略が求められる

詳細はこちら

編集長が行く!
レジャーホテル視察ツアー


視聴はこちら


 業界のキーパーソン・企業を紹介する
 季刊レジャーホテルの連載企画

[第29回]
三富 俊和
エコテクソリューション㈱
代表取締役


全文はこちら

 

「季刊 レジャーホテル」最新号


▶︎詳細はこちら
「季刊レジャーホテル144号」


特設ページ(2024年度版)
こちらからお入りください