月刊フューネラルビジネス|2018年10月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量
月刊フューネラルビジネス 2018年10月号 本体価格3,300円

【特集】
葬祭企業の人事・労務戦略

本紙内容の一部を試し読み
(PDF)

人口減少社会が進行するなか、「人」を巡る問題は喫緊の課題となっている。
特に葬祭業界は長時間労働を伴う業種としてみられがちで人材が集まりにくいとされている。
しかしながら、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革法)が成立したいま、葬祭業界もなんらかの対応策をとらなければならない。
本特集では、働き方改革に伴う留意点はもちろん、「働き方改革」に取り組む葬祭事業者の取材を通して、葬祭企業の人事・労務管理にクローズアップする。

労働力不足を背景に進められる「働き方改革」 
 人事(社員)への考えが命運を左右する時代に
 ――編集部

葬祭事業者が押さえておくべき
 働き方改革法案改正のポイント
 ――岩 仁弥[潟梶[ガル・ステーション代表取締役/
   NAC社会保険労務士事務所主席コンサルタント/
   行政書士岩崎経営法務研究所代表/特定社会保険労務士/行政書士]

従業員の「メンタルヘルスケア」と
 「長時間労働問題」への対応
 ――竹花 元[法律事務所アルシエン 弁護士]

退職者「競合避止義務」既定の有効性と
 経営者が行なうべき予防策
 ――武内優宏[法律事務所アルシエン共同代表/弁護士]

《事例研究》
潟Aーバンフューネスコーポレーション[東京都江東区]
 ――早くからIT化された社内環境をベースに
   古い慣習にとらわれない業務改善で効率化を実現

許k総霊柩自動車(セレモニーきうち)[千葉県香取市]
 ――人事考課の見直しに早くから着手
   強い組織の構築と従業員満足度を高める
   「働き方改革」に取り組む

あいネットグループ[静岡市駿河区]
 ――働き方改革は「生産性」と「やりがい」の2面
   社員アンケートで会社の“治療箇所”を診断

潟gワーズ[浜松市中区]
 ――生きいきと働ける待遇・環境で人材を集め
   戦える「組織づくり」に取り組む

【Front Runner】
三須 榮光氏 セレブ 代表取締役CEO

【Visual Report】
メモリードホール高木瀬[佐賀県佐賀市]
 ――既存会館敷地内に中・小規模葬向けの会館を建設
   会員向けのさらなるサービスの充実図る

家族の想い 結 北久里浜[神奈川県横須賀市]
 ――西村企業が家族葬の新ブランド
   「家族の想い 結」をオープン
  
家族葬邸宅du:e®塩釜杉の入[宮城県塩釜市]
 ――「家族葬邸宅du:e®」ブランド2号店
   塩釜・杉の入にオープン

【CLOSE UP】
(一社)全日本冠婚葬祭互助協会[東京都港区]
 ――全日本冠婚葬祭互助協会が
   創立45周年記念シンポジウムを開催

【特別インタビュー】
潟Aスカネット 代表取締役COO 松尾雄司氏

【シリーズ企画〜異業種に学ぶ[1]】
潟Tニーテーブル[東京都渋谷区]
 ――「お客様に真剣に」を掲げ、徹底した顧客管理で
   リピーター率を向上、カシータ流を貫く愚直な経営姿勢

【葬祭パートナーズ企業GUIDE】
潟Iリジナルあい[愛知県一宮市]
 ――時代のトレンドやデザイン性にこだわった
   オリジナリティあふれる返礼品・ギフトを提供

(一社)日本ハッピーエンディング協会[東京都千代田区]
 ――ドライアイスに代わる遺体保冷システム
   メモリアルボックスシステム「旅立ちの翔輝」

【News&Information】
●ティアが都内5か所目となる葬儀相談サロンを東京・駒込にオープン
●東京・池袋の仙行寺本堂ビルが竣工
 「池袋大仏」が鎮座する自動搬送式納骨堂開苑
●岩手・いわて生協、奥州市に「セリオホール水沢」オープン
●福島・たまのや、茨城県取手市に「たまのや こころ斎苑SOU取手」オープン
●岐阜・ライフサポート、FC「ティア梅林」をオープン
●全互協、第9回定時総会を開催。新会長に山下裕史氏を選任
●23年目を迎えた葬祭ディレクター技能審査、2018年は2,315人が受験
●全葬連と佐賀協組が佐賀県との災害協定を締結
●日冠連、「平成30年度 大村崑師匠広告キャラクター共同事業
 経営者・担当者会議」開催
●ティア、東京で2020年新卒向けの「1Dayインターンシップ」を開催
●日本海洋散骨協会、第1回認定海洋散骨シニアアドバイザー検定を開催
●仏壇・仏具メーカーの保志「アルテマイスター東京2018展示会」開催
●大阪・ユニクエスト、「お寺の今後を考えるサミット」を開催
●りすシステム・松島如戒氏の生前契約に関する著書の出版記念会を開催
●ティア・冨安社長が『ぼくが葬儀屋さんになった理由』を
 加筆・再編集して上梓
●北大准教授が樹木葬先進国から日本の樹木葬墓地の課題を考える本を上梓
●アメリカの葬儀社経営者がブログを書籍化した新著

【連載】
次世代を担う若手僧侶が綴るリレーエッセイ「自寺改革」[15]
 ――慈眼山 福応寺 住職 小川 昌久
世界を駆け巡るエンバーマー ジェフ・チャンセラーの提言[5]
メモリア流組織づくり〜松岡泰正の実体験に基づく組織づくり論[5]

◆ビジネスナビ 
 RKDコーポレーション泣Aルゴダンザ・ジャパン/家樹
 クロスアンドセキュリティクラウンインテリジェンス(同)
 潟nブデザインYM工房


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043