月刊シニアビジネスマーケット [ホームへ戻る]

最新号編集方針バックナンバーお申込み




トップへ戻る

バックナンバー
媒体資料

冊子版:絶版
月刊シニアビジネスマーケット 2011年6月号 定価:本体3,105円+税

[特集]
「サービス付き高齢者向け住宅」
 メリットと課題──わたしはこうみる


「サービス付き高齢者向け住宅」の創設が、ついに決まった。その恩恵は、「補助金」「税制優遇」「融資制度」の3点セットによってもたらされる。高齢者住宅事業者、特に、開発サイドにおいては、いままでにない大きな「メリット」が享受できる。
しかし、「課題(不安)」の3点セットも残ったままだ。1点目は、登録事務に関する「不安」。「サービス付き高齢者向け住宅」の登録を担うのは都道府県などの地方自治体だが、東日本大震災の復興業務もあるなか、国の支援と両者の緊密な連携は、新制度普及の大前提といえる。2点目は、有料老人ホームと高専賃の一本化=契約形態の異なる2種類の高齢者住宅を一つの法律で括ることへの「不安」。入居金の償却に関する問題はその典型で、十分な議論が尽くされたとはいいがたい。さらにいえば3点目は、新規開発に対する支援の拡充によって、既存事業者にとっては、逆風になる可能性も少なからず孕んでいることだ。
そうした「メリット」と「課題」を踏まえながら、どのように自社の事業モデルを構築していけばよいのか──。高齢者住宅・介護事業のオピニオンリーダーの視点から、そのヒントを掴み取っていただきたい。

[最新動向 ]
「サービス付き高齢者向け住宅」が創設
「新築10分の1補助」に高い関心

[わたしはこうみる]
「これからの高齢者に選ばれる賃貸住宅とは何か」、
 その回答が先決
 国際医療福祉大学大学院 教授 高橋紘士

医療法人の住宅参入が加速か
 付帯サービス施設の内容もカギ
 今瀬ヘルスケアコンサルティング 代表取締役所長 今瀬俊彦

3万戸へのサービス提供が孕む「危険性」
 メリットは入居者に還元できるスキームを
 エヌ・ビー・ラボ 代表取締役 清原晃

住まいの供給促進には有効ながら
 住宅・施設を1つの法律で括ることに危惧
 高齢者専用賃貸住宅協会 事務局長 奥村孝行

補助金や制度に振り回されるな
 利用者ニーズを軸にした事業構築を
 コミュニティネット 代表取締役社長 高橋英與

ハード、ソフトともに条件面に疑問残る
 求められるフレキシブルな対応
 CFSコーポレーション 医療推進本部 顧問 吉田英二



特別企画
震災復興への提言


[インタビュー]
コミュニティ重視の仮設住宅の思想は2030年・日本のケアシステムの基本形に
 辻 哲夫氏 東京大学高齢社会総合研究機構 教授

[業界団体の取組み]
支援物資輸送、義援金送付、被災高齢者受入れに迅速に対応
 日本慢性期医療協会

被災地の認知症高齢者ケアで奔走したプロフェッショナル集団
 日本認知症グループホーム協会



[特別インタビュー]
ロコモティブシンドローム予防とメディカルフィットネスの可能性
 大沼 寧氏 医療法人徳洲会 山形徳洲会病院 整形外科部長


[追跡レポート]
医療法人が手がける医療強化型高専賃
 高入居率を背景に増築工事が進行中
 ──「メディカルホームふじみ野」成功の要因



[今月の話題]
中間層マーケットの開拓激化! 有料老人ホームの低価格化が加速
 持続可能な社会保障は「効率化」と「重点化」で、というウラで


[CLOSE UP]
プラチナ大和(神奈川県大和市、ツツイ)
 駅前再開発が進む生活利便性高い好立地に誕生、
 北欧テイストで統一された住宅型有料老人ホーム



[連載]
逆風下に攻める「元気」事業者に学べ
 第15回 シルバービレッジ
高齢者の行動から考える環境・技術・ひと・数字
 利久さんが語る特養「安定経営」のヒント
介護保険の「虚」と「実」
 制度をめぐる言説への一撃

DATA FILE:有料老人ホーム/高専賃/介護保険3施設

News Navi



[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0425