綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


好評発売中!
賃貸住宅デベロッパー、PM・AM会社、不動産オーナーのための
“顧客獲得”に直結する「マーケティング手法」と「リーシング戦略」実務の決定版!

居住系不動産の[リーシング戦略]実務マニュアル


近隣営業中心の仲介会社任せの集客方法ではなく、
エンドユーザー自らが[ネット物件探し]する変化を捉え、
ダイレクトマーケティング活用法の「リーシングノウハウ」を一挙収録!

●A4判/縦型/117頁●定価:本体47,000円+税●2011年7月19日刊行


【本書の特徴】
特徴 1 物件の本来持つポテンシャルを最大限に引き出す
[リーシングの基本とマーケティングの取り組み方]を詳解
特徴 2 PM・AM会社のエンドユーザー向け販促の是非と
「BtoCプロモーション」の[最適バランス化]を徹底検証
特徴 3 仲介会社との関係を強化しリーシング効率を高める
「BtoB」向け[Web・IT活用手法]を網羅
特徴 4 「ダイレクトマーケティング」に特化した
[見込み客、優良仲介会社を囲い込む]ための具体策を提示
特徴 5 事業者側が求める[リーシングレポート]と
市場より高賃料水準で短期リースアップした[成功事例]を公開

【執筆・監修】
リーシング・マネジメント・コンサルティング梶@取締役副社長CMO
RICアドバイザーズ梶@代表取締役社長
齊藤 晃一

1976年生まれ。戦略系コンサルティングファームにて、大手飲料メーカー・大手製薬会社を始めとする、ダイレクトマーケティング事業の新規参入戦略立案・実行支援のコンサルティングを多数経験。その後、ITマーケティング企業の潟Eェブクルー(東証マザーズ8767)にて新規事業企画室長として10以上の新規事業の立ち上げ、グループ会社のM&A等を経験し、リーシング・マネジメント・コンサルティング鰍ノ参加。現在、同社の取締役副社長CMOとして大手不動産ファンドやJ-REITポートフォリオの集客プロモーション(リーシング)戦略策定に携わる。





数量
[編集内容]
第1編 居住系不動産リーシングの基本と顧客属性の分析・把握
1.はじめに

 (1)「リーシング」と「ダイレクトマーケティング」の定義
 (2)たまたま商材が「賃貸住宅」
2.顧客(入居者)ニーズの把握と潜在顧客のターゲティング
 (1)入居理由の細分化分析
 (2)入居申込情報の活用法
 (3)潜在顧客のターゲティング(実例紹介)

第2編 マーケット調査と競合物件の調査・把握
1.マーケット動向把握のポイント

 (1)情報収集の考え方
 (2)分析方法
2.需給予測・競合対策
 (1)エリアポテンシャル測定
 (2)需要(募集賃料)と供給(募集戸数)
 (3)競合物件のベンチマーク


第3編 賃貸仲介現場の実態と仲介業者攻略法
1.仲介会社の空室物件情報の取扱い実情

 (1)物件情報の入手方法と空室取扱い状況について
 (2)露出率を高める空室情報の流通方法
2.競合優位性の確立
 (1)真の競合物件を見極める方法
 (2)物件認知率が優劣のポイント
 (3)競合優位性を確保する方策
3.PM・AM会社のエンドユーザー向けプロモーションのあるべきスタンス
 (1)エンドユーザー向けプロモーションが
     総反響の低下に結びつくリスクとは
 (2)反響比率(自社客付け、仲介会社経由)の把握と分析
 (3)見込みエンドユーザーへの露出率測定方法
 (4)エンドユーザー向けプロモーションの是非
4.BtoB(PM⇔仲介)間のWebプロモーション・IT化への施策
 (1)仲介会社が望む情報流通とは
 (2)見込みエンドユーザーを想定したコンテンツ作成のポイント
 (3)PM⇔仲介会社間のIT化へのイメージ

第4編 ダイレクトマーケティングによるリーシング施策
1.レスポンスの細分化と実践的フロー

 (1)賃貸リーシングに必要なレスポンス項目
 (2)データベース構築のイメージとフロー
2.データベースマーケティングの実践と費用対効果
 (1)仲介会社の囲い込み
 (2)集積項目から読み取る示唆
 (3)広告プロモーションの効果測定・分析

第5編 事例研究
1.投資家・オーナー・AMが求めるリーシングレポート

 「Weeklyレポート編」
2.マーケットより高い賃料水準で短期リースアップ
 「パシフィックレジデンス千鳥町」(J-REIT保有物件)


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail