綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


癒し(ヒーリング)アイテムを集大成した新業態施設
デイスパ・リゾートスパ事業の開発計画・運営実態資料集
A4判/縦型/並製/186頁/定価:本体50,000円+税/2004年6月刊行

商業ビル・ホテル・旅館のイメージアップ・差別化策、ホテル・旅館再生の原動力として
ホテル・旅館再生の原動力として、導入が注目される

ごあんない
健康回復、アンチエイジング、ストレスケアが目的のヒーリング新業態施設
「スパ」を構成するファクター(メニュー)は、温泉・温浴、海洋療法(タラソテラピー)、アロマテラピー、ハーブ療法、ヨガ、ミュージックセラピーなど。手技による施術(トリートメント)がメインで、一見日本のエステティックと似ているが、いわゆる「美顔、痩身、脱毛」ではなく、ストレスケアが目的なのが大きく異なる。
 スパには、本格的滞在型スパ、リゾートスパ、デイスパがある。なかでも最近、とくに注目されているのがスパ施設のもつストレス解消ニーズを手軽に味わえる「デイ(シティ)スパ」である。デイスパ(Dayspa)とはSpaのDay版。主に都心部で展開され、OLやビジネスマンの支持を受けたニューヨークやシンガポールなどで急成長した。また、リゾートホテルでもビジターで気軽に体験できるスパの導入が図られ、人気を呼んでいる。

商業ビル・ホテル・旅館の差別化・活性化策として有望
 わが国では2003年4月、複合商業施設「ラフォーレ原宿」内にブランド力の高い「セントグレゴリ−スパ」の誘致が図られオープン、7月には、世界的に有名な「マンダラ・スパ」が「ロイヤルパーク汐留タワー」に日本初出店した。また、リゾートでも7月、「ラフォーレ蔵王リゾート&スパ」にインドネシアの高級スパブランド「タマンサリ ロイヤルヘリテイジスパ」がオープン、ホテル宿泊客やビジターが気軽に利用できる「スパ」の導入が相次ぎ、認知度も高まってきた。癒しを求める現代の働く女性を中心に主婦や男性、若者の利用も増加してきており、非常に注目度の高い新業態といえます。

ブームを呼ぶ新業態「スパ」の事業性を検証
商業ビル、ホテル・旅館の開発、リニューアルをご検討中の事業者さま、デベロッパー、コンサルティング、設計事務所、シンクタンク、鑑定事務所の皆様にお薦めします。


本書の特徴
1. 先進施設を実際展開している実務家が、事業化・運営のポイントを解説、モデルプランで検証
2. とくに同事業の注目・課題点である、許認可についてや施術者の問題は一項目を設け詳述
3. 混同されがちな「スパ」の定義を、ヒーリングアイテムの概要の紹介でわかりやすく理解
4. 先進海外市場から、現在のわが国の市場まで把握
5. わが国の先駆け先進10事例を研究し、展開手法、実情を探る




【編集内容】

第1編 スパの定義と構成アイテム

1.スパとは
 定義、目的、種類、歴史
2.スパを構成する具体的アイテム(メニュー)
 〜五感を刺激して自然治癒力を高める〜
●視 (1)内装デザイン
(2)フラワーセラピー
●聴 (3)音楽療法:
 ヒーリングミュージック等
●香り (4)アロマテラピー
●味 (5)食(キュイジーヌ)
(6)飲む:
 ジャムー、タイハーブ、漢方
●触 (7)肌に塗り込む(トリートメント):
 ジャムー、タイハーブ、漢方
(8)温浴・温泉セラピー
(9)タラソテラピー(海洋療法)
(10)伝統療法:
 アーユルヴェーダ、タイ式マッサージ
(11)マッサージ・足裏マッサージ
(12)指圧
(13)カイロプラクティック
●メディテーション
(運動)
(14)ヨガ
(15)気功
3.スパの市場動向
 (1)海外の市場動向
  BANYAN TREE SPA バンヤンツリー スパ
  ANGSANA SPA アンサナ スパ
  THE ASPARA アスパラ
  AVEDA DESTINATION SPA アヴェダ デスティネーション スパ
  MANDARA SPA マンダラ スパ
  ST.GRGORY SPA セント グレゴリー スパ
 (2)日本での歴史と市場動向

第2編 スパ事業の展開手法

1.スパ事業にあたっての制度・法律
 (1)申請にあたっての注意事項
 (2)保健所の認可取得
 (3)公衆浴場法関連
 (4)入管法の壁
2.成功の鍵を握るセラピスト(施術者)
 (1)「優れたスタッフの確保」が最重要態
 (2)募集・確保・雇用形態
 (3)「心・技・体」の人材育成
  教育形態・技術面・接客面
 (4)関連資格のもつ効力
 (5)待遇システムとモチベーション管理
3.スパ事業化のポイント
 (1)コンセプトの必要性
 (2)日本に適したスパ
 (3)メニュー・価格設定
 (4)ターゲット
 (5)立地・施設規模
 (6)施設構成と設備関連
4.スパ運営のポイント
 (1)メニューの作成
 (2)スパプロダクツと水について
 (3)在店時間・回転率
 (4)人員計画と配置
 (5)マスコミに向けたプロモーション活動
 (6)リピーター確保のためのプロモーション戦略
  〜コンピュータ・WEBの活用〜
5.スパの事業収支シミュレーション
 スパ単体タイプ

第3編 先進事例研究

●デイスパ・ホテルスパ
・東京都心のファッションビルに出店。シンガポール発の洗練された空間
 セント グレゴリー スパ原宿(ラフォーレ原宿)
・新コンセプトを打ち出すホテルに世界最大スパが日本初出店
 マンダラ・スパ(ロイヤルパーク汐留タワー)
・1フロアを女性専用トリートメントフロアに改装。5泊6日プランも
 ル・スパ・デ・ハイアット(ハイアット・リージェンシー・オーサカ)
・「六本木ヒルズ」のホテルに誕生。自然素材の多用でぬくもり感を実現
 NAGOMI スパ アンド フィットネス(グランド ハイアット 東京)

●リゾートスパ
・既存温泉との相乗効果目指し、インドネシアの高級ブランドスパ導入
 タマンサリ ロイヤルヘリテイジ スパ(ラフォーレ蔵王リゾート&スパ・宮城県)
・コンラン卿の洗練されたデザインと自然との融合で五感を満たす空間
 二期倶楽部 東館「アルゴーフィト」(栃木県・那須高原)
・宮崎の素材を施術、食、インテリアとふんだんに用い、地域性を打ち出す
 The SPA(シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート・宮崎県)
・北海道の自然素材を用いた施術が魅力の、国内リゾートスパの先駆け
 ブルームスパ トーヤ(ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ・北海道)
・温泉旅館に本格的なタラソテラピーを導入、宿泊プランが人気を呼ぶ
 スパトリートメント海〜Kai(つるや吉祥亭 別館・静岡県・北川温泉)
・複合型海洋リゾートに誕生したわが国最大級のタラソテラピー施設
 テルムマラン ラグーナ(ラグーナ蒲郡・愛知県)


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail