綜合ユニコム|不動産マネジメントセミナー [ホームへ戻る]

セミナーお申込み



「不動産とITの融合」時代、データサイエンスの基礎知識を習得するために!

不動産データを分析するための統計入門講座


不動産データサイエンスの根幹となる統計と数学の理解を深める!

ご案内

 不動産ビジネスにおいてテクノロジーを活用したサービスが急速に広まってきています。また、国土交通省の取組みにより、地価公示データをはじめとする数値情報や統計情報のオープンデータ化が進み、いかにそれらのデータを活用してビジネスに取り込んでいくかの機運も高まりつつあります。データ分析には統計と数学の基本的な理解が必要であり、理解不足のまま分析を行なっても適正な推計値を導き出すことはできません。

 本セミナーは、不動産データサイエンスの根幹となるデータの取扱方法と「統計学と関連する数学」の基礎知識の習得に重点を置いています。また実際に不動産データを使ってデータ分析を行なえるようになることを目指しています。そこで、不動産×ITの先進的サービス「GEEO」を運営する(株)おたにの小谷祐一朗氏を講師にお招きし、不動産データを分析するための手法について解説していただく、入門講座として開催してまいります。

●使用するデータ
 国土交通省が公開する地価公示データ、その他関連するデータ 

●使用するソフトウェア
 表計算ソフト(Google Spread Sheet)
 地図ソフト(Google Maps)
 統計ソフト(R/RStudio)

セミナープログラム

13:00〜17:00 ※15時前後に15分間の休憩を挟みます

T. 不動産データを扱うために

 1. データ分析の意義と心構え

 2. さまざまなデータ

 3. データの形式

 4. ソフトウェア

 5. データ分析の流れ

 6. 地図への展開

U. 地価公示データを使った探索的データ解析(記述統計学の基礎と利用)

 1. データを解釈する視点について

 2. 要約統計量の解釈

 3. データの可視化手法とその解釈

 4. 各種統計指標の算出方法と考え方

V. 地価公示データを使ったモデリングと予測(推測統計学の基礎と利用)

 1. 確率分布について

 2. 簡単な線形代数

 3. 変数変換について

 4. 回帰分析
  • ヘドニック・アプローチ
  • 最小二乗法を使った単回帰分析
  • 重回帰分析
  • 回帰式の評価と応用


  • Googleのサービスを使用するため事前にアカウントの作成をお願いします
  • RおよびRStudioをインストールしたPCをご持参ください
  • ご希望の場合、PCをお貸しすることもできます



開催日時 2019年9月27日(金) 13:00〜17:00

会場 ヒートウェーブ
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 TEL 03-6380-3082
※詳しい会場案内図は参加証にてお知らせいたします。

参加費 45,360円(1名様につき)
 (消費税および地方消費税 3,360円含む)
●同一申込書にて2名以上参加の場合は
41,040円(1名様につき)
 (消費税および地方消費税 3,040円含む)
※テキスト・コーヒー代を含む。
▼内容に関するお問合せは
綜合ユニコム株式会社 企画事業部
TEL.03-3563-0099

講師プロフィール

小谷 祐一朗 (おたに ゆういちろう)
株式会社おたに 代表取締役
米国西海岸の大学院を修了。オープンデータを活用して全国各地の不動産物件の販売価格を予測するサービス「GEEO(ジーオ)」を開発。GEEOは2014年11月、Mashup Awards実行委員会が主催し、総務省や経済産業省、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室が運営パートナーを務める「Mashup Awardsオープンデータ部門賞」で最優秀賞を受賞。15年6月には総務大臣奨励賞を受賞。また、15年9月にグッドデザイン賞も受賞。
主な著書に『仕事に使える「指標」設計入門』(日経BP社)、『RESASの教科書 リーサス・ガイドブック』(共著、日経BP社)、『不動産テックの課題』(共著、東洋経済新報社)がある。
■GEEO(https://geeo.otani.co/

Copyright 2019 SOGO UNICOM Co.,ltd. All rights reserved.

[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0099 E-mail