月刊フューネラルビジネス|2020年5月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量









月刊フューネラルビジネス 2020年5月号 本体価格3,700円

【特集】
「古民家」モデルを活かす
――マーケットインでつくる和風会館


本紙内容の一部を試し読み
(PDF)
カフェやレストランをはじめ、古民家を活用した施設が国内で人気を集めている。
そうしたなか葬祭業界でも、(古)民家を葬祭会館に改修・転用した「古民家」モデルで他社との差別化を図るところも出てきている。
葬祭業において「古民家」モデルを活かすには、事業面あるいはエモーショナルマーケティングに訴求するにしても他業界ほど簡単ではない。
今号では、専門家の意見やケーススタディから、「古民家」モデルのあり方を探った。



コンセプトと事業化を成立させる
 生活者目線でつくるストーリー――編集部

《インタビュー》
晦.K(アーキテクト・ケイ)
 代表取締役社長 松葉啓氏
 ――入念な事前準備をもとに成立する
   「古民家」が拓く葬送空間の可能性

《ケーススタディ》
くさみ三礼庵[北九州市小倉南区]/潟Tンレー
 ――築38年の日本家屋を改装し
   葬送空間とコミュニティ創出の場に

竹原葬祭会館 別館[広島県竹原市]/フロービス
 ――築110余年の自社所有の古民家を
   リノベーションして有効活用

埋木舎(うもれぎのや)[群馬県高崎市]/鰍ヘるな式典
 ――築100年超の養蚕農家を
   自宅感覚の温もりある式場に

ルミエールコスモス別館「紫苑」[高知県佐川町]/
 開Aメモリアルこうち
 ――本館隣接地の民家引き継ぎ
   法事・法要で相互補完体制を確立

渇ニ族葬のファミーユ[東京都港区]
 ――民家再活用の和風会館を出発点に
   新たに邸宅型ブランドに発展

【Front Runner】
鰍ルくせい
 代表取締役社長 加藤久智氏

【VISUAL REPORT】
エンディングホール愛灯館[三重県桑名市]
 ――最大1,200人収容可能な式場有する
   施設へコンバージョン

家族葬ホールHIBIKI[群馬県前橋市]
 ――小規模葬需要を狙い
  火葬場至近地に第1号会館

【CLOSE UP】
合資会社マルイチ葬祭[長崎県島原市]
 ――明治末期の酒蔵を改装した会館展開で
   トップシェアに浮上

【F's View】
群馬・クリエイト
 他社にも貸し出すリノベ会館

愛知・FUNE、松坂屋豊田店に
 「葬儀仏事サロン」出店

【NEWS&INFORMATION】
●山形・ジョイン
 天童市内に家族葬会館
●埼玉・越谷のアートエンディング
 春日部市に家族葬会館オープン
●東京・きずなHD
 京都に家族葬専用会館を開設
●兵庫・ルミーナ
 2会館を相次いで開業
●飯田市・いとう
 2か所目となる樹木葬墓地開苑
●燦ホールディングスが子会社設立
 終活Webプラットフォーム事業へ
●東京・廣済堂、東京博善を完全子会社化
●塩釜地区消防事務組合
 新火葬場21年6月末に完成へ
●オレンジページくらし予報
 20歳以上の女性を対象に終活調査
●ライオン創業者の葬儀映像
 国立映画アーカイブ等で配信開始

【連載】
■メモリア流組織づくり
 〜松岡泰正の実体験に基づく組織づくり論[22]
■法律家から学ぶ葬祭業界の「労務問題」[6]
■葬儀考察[2]
 ――日本の葬送儀礼と葬儀産業の展開

◆ビジネスナビ  
 岡村竹材ナインアンドパートナーズ日本動物葬儀霊園協会
 大森ペット霊堂ユー花園ユニクエスト



[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043