月刊フューネラルビジネス|2019年7月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量
月刊フューネラルビジネス 2019年7月号 本体価格3,700円

【特集】
「葬儀外事業」へのアプローチ


本紙内容の一部を試し読み
(PDF)
昨今、本業である葬祭事業に加えて、新規事業に取り組む葬祭事業者がふえてきた。
とはいえ、仏壇事業や墓石業といった、比較的葬祭事業に近い業種への参入は
これまで少なからずあったのも事実である。
しかし、近年では飲食や温浴といった事業領域や、
一時、注目を集めた介護事業への参入なども見受けられる。

今号では、飲食と介護事業に取り組みはじめた事業者を訪ね、
参入の意図、参入後の状況などについてヒアリングするとともに
本業とのシナジー効果などについても考察する。

業容拡大のキーワードは  
 明確なビジョンの共有
 ――編集部

《ケーススタディ》
ソシオあすかグループ[福島県いわき市]
 ――地元レストランをグループ化し
 法事料理の50%がフレンチに

泣<c潟Aル ウェスト[和歌山県美浜町]
 ――サービスマインド醸成のため
 カフェ事業に参入

鰍ヘな[東京都足立区]
 ――住宅看取りの施策を受け
 訪問介護に複数展開

泉屋[大阪市中央区]
 ――料理・生花の社内資源活かし
 サ高住運営で事業活性化

《特集関連インタビュー》
潟gランスブレイン ディレクター・専務取締役 藤野正成氏
 ――「葬儀外事業」はサイドビジネスではない
 事業単体で取り組むことが成立の近道

【Visual Report】
メモリアルガーデンハウスかさかけ[群馬県みどり市]
 ――商圏拡大を狙い市南部に進出
 家族葬から一般葬まで取り込む和風会館

ハートホール稲毛会館[千葉市美浜区]
 ――既存会館とのシナジー効果狙う
 家族葬ブランド2号店

NUKUMORIしこね[和歌山県海南市]
 ――開発進む新興エリアに
 家族葬会館を先行出店

【FUNERAL REPORT】
Bocci 青山さん 感謝の会[江の島ヨットハーバー ヨットハウス]
 ――江の島ヨットクラブ会長偲び
 「もやい結び」で感謝告げる

【F's view】
仏壇メーカーの保志
 恒例の自社展示会「アルテマイスター会津2019 新商品発表会」開催

関東ペット火葬協会
 ペット火葬車による実演等の研修を実施

【生花祭壇事業者探訪】
挙ソ江生花店[福島県猪苗代町]

【葬祭パートナーズ企業】
アトリエemu[宮崎県木城町]
 ――人生の最期を彩る「ラストドレス」
 「ラストタキシード」「ラストキモノ」

【DATA BANK】
40歳以上の男女で
 3人に1人が葬儀手配の経験あり
 ――鰹I活ねっと「お葬式に関する実態調査」から

【資料】
日本の地域別将来推計人口(2018年推計)
 Part1「北海道」編

【NEWS&INFORMATION】
●仙台・花祭壇、泉区に小規模会館を開業
●洛王セレモニー、京都・宇治市に3店目オープン
●徳島・ヴィアラッテ、本社敷地内に別館を開設
●静岡・出雲殿、袋井市内に邸宅型会館オープン
●沖縄・富士葬祭、県内6か所目の会館新設
●燦HDグループ、2会館開設。全体の運営棟数は69か所に
●燦HD・2019年3月期決算、売上高207億余の増収増益
●サン・ライフホールディング、売上高124億円余
●こころネット、売上高107億円余で微減
●平安レイサービス、売上高100億円余で増収増益
●廣済堂、最新売上げは微減。火葬場運営は87億円余で微増
●社人研、「日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)発表
●名古屋・平安閣のキャンペーン「ありがとうを贈ろう。」
●広島・廿日市市、県内初の樹木葬を整備
●火葬研、都内で19年度通常総会を開催
●全日本葬祭業協同組合連合会、「第44回通常総会」を開催
●全国石製品協同組合、第7回通常総会を開催
●全宗協、岩手・盛岡で第32回通常総会を開催
●岐阜県美濃加茂市に4月から広域火葬場が供用開始
●広島・三原市の新火葬場、20年10月の供用開始へ

【連載】
メモリア流組織づくり〜松岡泰正の実体験に基づく組織づくり論[13]
次世代を担う若手僧侶が綴るリレーエッセイ「自寺改革」[最終回]
 ――弘経山 法源寺 住職 横山 瑞法

◆ビジネスナビ  
 QLCプロデュース三和物産保志八木研


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043