月刊フューネラルビジネス|2019年2月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量
月刊フューネラルビジネス 2019年2月号 本体価格3,300円

【特集】
「事前相談」の最新動向


本紙内容の一部を試し読み
(PDF)
葬祭事業者が提供するサービスにおいて「事前相談」は
もはや欠かすことのできないサービスとして定着しつつある。
ただ、その内容は多岐に渡り、「葬儀相談」だけにとどまらなくなってきた。
こうした状況を踏まえ、弊誌では「事前相談に関するアンケート調査」を実施。
今号では、葬祭事業者が取組む「事前相談」の現状と最新動向についてレポートする。

営業ツールの1つとなった事前相談 
 キモになるのは、多岐にわたる相談内容に
 応えるスタッフスキルの向上――編集部

「事前相談に関するアンケート調査」
 事前相談のキーワードは
 「ライフエンディング・サポートのワンストップサービス」――編集部

《事例研究》
渇ニ族葬のファミーユ[東京都港区]
 ――“生活者目線”を原点に
 新たな葬儀相談のスタイルを構築し
 全国の顧客に応える相談窓口を確立

潟eィア[名古屋市北区]
 ――創業時より対面重視の事前相談に注力
 そのノウハウを活用し、
 首都圏で葬儀相談サロンのドミナント展開図る

轄驪ハ金周[埼玉県ふじみ野市]
 ――積極的会員営業による受注戦略から方向転換
 地域住民とのコミュニケーションを重視した
 新戦略の拠点となる「お葬式相談室」

くまもと県民葬祭[熊本市東区]
 ――事前相談、生前予約で確度高い葬儀を獲得
 自然葬にも取り組みワンストップに注力

【フロントランナー】
拠田 代表取締役 中田真寛氏

【Visual Report】
家族想邸宅みつわ[長野県佐久市]
 ――カラオケ店からのコンバージョン経て
 誕生した家族葬会館

【FUNERAL REPORT】
さくらももこさん ありがとうの会[青山葬儀所]
 ――国民的漫画作品の作者を
 人気キャラクターとともに送る

故 石川勝三 葬儀[大曲エンパイヤホテル]
 ――地域発展に寄与した故人を
 故郷の風景を模した生花祭壇で送る

故 會田康史 お別れの会[浦和ロイヤルパインズホテル]
 ――プロジェクションマッピングなど、記憶に残る
 「お別れ会」に1,200人が集まる

【DATA BANK】
「終活アンケート」開始以来、
 “終活”の認知度が7割を超える
 ――全国石製品協同組合
 「“終活”に関するアンケート調査」から

【特別企画】
邸宅型家族葬会館の最新動向
 第3回 葬祭会館の近未来像
 ――原田春男[潟Aルファ・ネット コンサルティング&デザイン 代表取締役]

【葬祭パートナーズ企業GUIDE】
PO法人安心の輪[大阪府吹田市]
 ――寡占化を勝ち残る、統一ブランドによる
 新ボランタリーチェーン誕生

【News&Information】
●ドラマティック・マネジメントアワード
 ネクサミを改称しさらにパワーアップ
●和歌山・メモリアル ウエスト
 ライフサロン&カフェを相次いでオープン
●青森・眞心堂、むつ市に「眞心堂 はやかけホール」をオープン
●宮城・清月記、石巻市に「石巻蛇田斎場 清月記」オープン
●メモリード(関東)、新規2会館を相次いでオープン
●埼玉・埼玉金周、本社隣に新規会館をオープン
●アイ・ケイ・ケイ、2018年10月期決算、売上高200億円超の増収増益
●石材業界3団体が、東京都との間で都立霊園における
 災害時の園路復旧に関する協定を締結

【連載】
メモリア流組織づくり〜松岡泰正の実体験に基づく組織づくり論[9]
世界を駆け巡るエンバーマー ジェフ・チャンセラーの提言[8]
次世代を担う若手僧侶が綴るリレーエッセイ「自寺改革」[19]
 ――教證山 信行寺 衆徒 神崎修生

◆ビジネスナビ  
 潟Cンラビングメモリーエルアンドイーホールディングス
 潟pイ インターナショナルFUNERAL SUPPORT SERVICES(同)


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043