月刊フューネラルビジネス|2018年11月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量
月刊フューネラルビジネス 2018年11月号 本体価格3,300円

【特集】
専業から業容拡大へ
――葬祭事業者の多角化戦略


本紙内容の一部を試し読み
(PDF)

将来的なマーケットの縮小を睨んで、主力事業以外の新たな収益事業を立ち上げる多角化戦略の傾向が強まっている。
葬祭業界においては、2040年まで死亡数の増加が予測されているものの、一方で葬儀の簡素化・小規模化により施行単価はそれを上回るペースで低下しているのが実情だ。
こうしたなか、新たな収益源、そして社員の新たな配置先の創出、さらには地域活性化など地域社会貢献のため、事業多角化に取り組む葬祭事業者がふえてきた。
本特集では、葬祭業界における事業多角化の現状と多角化の動向を探る。

事業多角化の“キモ”となるのは 
 「本業の安定」と「マーケットニーズ分析」
 将来的なマーケットの縮小を睨みながら
 自社の強みを活かせる事業から取り組むべき
 ――編集部

葬祭事業者における多角化戦略成功のポイント
 ――小泉悟志
   [潟Gンディング総研・潟Rンサルティングファーム 代表取締役]

《事例研究》
叶エ月記[仙台市宮城野区]
 ――ライフスタイルをワンストップで支える
   サービス提供で地域社会の発展に貢献し続ける

フロービス[広島県竹原市]
 ――地域とともに歩み発展する「共生」を理念に
   “地域を元気にする事業”づくりに邁進

活サ川葬祭[香川県綾川町]
 ――節目となる設立10年目を迎え
   以前から描いていた“飲食業”に進出

開A東京中央セレモニーセンター[東京都世田谷区]
 ――整理事業、介護事業、ペット葬事業からなる
   「ライフサポートサービス」を確立し
   地域連携強化と葬儀受注拡大を図る

【特別企画】
葬祭専門教育機関の最新動向

葬祭業界は常に離職率の高さが問題となり、多くの事業者が人材確保に悩んでいるのが実情である。
採用手段の1つとして、葬祭業界での就職を志す葬祭専門教育機関新卒者の採用があげられる。葬祭専門教育機関ではどのように学生を募集し、どのようなカリキュラムで教育しているのか、また学生採用ににあたっての流れなどについて葬祭ディレクター技能審査協会認定校4校を取材し、最新動向をまとめた。

日本ヒューマンセレモニー専門学校[神奈川県平塚市]
 ――開校18年の実績と信頼、教育ノウハウを活かし
   さらなる葬儀のプロフェッショナルを養成

駿台トラベル&ホテル専門学校[東京都豊島区]
 ――現場に近い“学びの習得”を重視
   あわせて進学支援制度の充実も図る
  
東京観光専門学校[東京都新宿区]
 ――AO入学を取り入れて
   入学前に基礎を習得し就職率を向上

国際ホテル・ブライダル専門学校[新潟市中央区]
 ――職業観を身につけることに重きをおいた
   カリキュラムで業界が求める人材を輩出

【Front Runner】
石附大昌氏 級ヤ屋仁助 代表取締役 社長

【Visual Report】
ダビアスリビング新潟東[新潟市東区]
 ――市内3か所目となる邸宅型家族葬会館の開設で
   「80万都市・新潟」全域をカバーする体制を構築

【FUNERAL REPORT】
故 伊藤 茂雄 合同葬[アイホール いとう]
 ――葬祭業界発展と地域活性に寄与した
   功労者を自社ホールで2,500人が送る

淺沼健一 お別れの会[パレスホテル東京]
 ――老舗建設会社を支えた
   日本建築業界の功労者を偲ぶ

【CLOSE UP】
QLCグループ[東京都品川区]
 ――異業種参入の成功事例を多数輩出している
   注目デイサービス事業者

極東産機[兵庫県たつの市]
 ――創業70年、「おくりたたみ」メーカーが
   悲願の上場を果たす

【特別レポート】
ハワイ・オアフ島 カネオヘ湾「天国の海」での
 海洋散骨を売上げアップ、顧客拡大策として提案
 ――葛V式マーケティング機構[東京都千代田区]

【葬祭パートナーズ企業GUIDE】
共栄工業[東京都品川区]
 ――オフィス家具のノウハウをもとにした
   オーダーメイドによる「納骨壇」

日本農産種苗[長野県箕輪町]
 ――種苗メーカーが提案する
   新しい会葬返礼品「メモリーズフラワー」

【News&Information】
●霊柩運送の名古屋・メディアサポート
 東京に貸し会館「しのざき会館」開設
●ティア、初の家族葬会館「家族葬ホール ティア千代田橋」オープン
●岐阜・ふなやす、ティアFC「ティア南濃」を海津市にオープン
●仙台・あいあーる、泉区に「セレモール泉 市名坂」をオープン
●群馬・あすかセレモ、桐生市に「ラステイ桐生ひろさわ館」オープン
●長野・みつわ、佐久市に「家族葬邸宅みつわ」をオープン
●家族葬のファミーユ、葬儀相談窓口「田町葬儀スタンド」を
 本社1階にオープン
●供養の日普及推進協会、「供養の日」9月4日に奈良・薬師寺で法要
●全宗協、京都で「平成30年度全国研修会」を開催
●ウィルライフ、「オーガニックライフスタイルEXPO」で
 エコフィン「オルタナ」を展示
●第2回フューネラルグランコンシェルジュ認定講座・試験を実施
●日本環境斎苑協会が「火葬場の建設・維持管理マニュアル」改訂新版を発行
●JA全農と農流研が第7回JA葬祭事業経営者セミナーを開催

【連載】
次世代を担う若手僧侶が綴るリレーエッセイ「自寺改革」[16]
 ――隨喜山 教西寺 住職 三宅 教道
世界を駆け巡るエンバーマー ジェフ・チャンセラーの提言[6]
メモリア流組織づくり〜松岡泰正の実体験に基づく組織づくり論[6]

◆ビジネスナビ
 潟Aスカネット潟激bツコーポレーション
 潟Aイライフマネージメントずゞや


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043