綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


割引価格にて予約受付中!
コロナ禍で様変わりした消費者の価値観は既存の会館ビジネスモデルにまで影響を与えはじめた。
今後、消費者が葬祭会館に求めるものは何か? 「アフターコロナ」の会館ビジネスを先取りする

【予約】葬祭会館リニューアル実務・実践資料集

●A4判/縦型/約100頁●定価75,000円+税●2020年7月末発刊予定
予約特価68,000円+税
※予約特価は2020年731日までにお振込みいただいた方に限ります。


【執筆】
原田 春男 潟Aルファ・ネット コンサルティング&デザイン 代表取締役

【刊行の狙い】
 1990年代に建設ラッシュを迎えた葬祭会館は、その後、全国的に普及・拡大し、自宅葬から会館葬へと葬送のあり方を変えた。しかし、当時の会館ビジネスモデルは、複数式場を有する大型会館が主流で現在の葬送ニーズである中・小規模葬にはマッチしない会館となった。こうしたなか、既存会館のリニューアル・リノベーションが見受けられるようになってきた。
本資料集は、こうした既存会館リニューアルの考え方、諸室構成のあり方などを中心に、数多くの葬祭会館の設計・デザイン・コンサルティングを手がける第一人者のもと、既存会館リニューアルのポイントなどを解説。あわせて、リニューアルモデルをもとに、式場、控室などの諸室の考え方などについても詳解。
事例編では、実際に既存会館リニューアルを行なったケーススタディをもとに、事例各社におけるリニューアルの狙い・実践手法などをレポートする。


【本資料集の5つのポイント・特徴】
Point 1 既存会館リニューアルのポイントを第一人者が解説
Point 2 コロナ禍によりさらに小規模化する葬送に適した次世代型会館モデルを提唱
Point 3 既存会館のリニューアルを実践した企業・会館を取材。
その目的と狙いをビフォア・アフターの配置図&写真で紹介



数量


[編集内容]
第T編 葬祭会館リニューアルのポイント

はじめに
 (1)会館リニューアルの根本的な考え方
 (2)葬祭会館、葬祭事業者が果たすべき使命とは
 (3)会館リニューアルの進め方

1. 葬祭会館ビジネスの変遷
 (1)自宅から火葬場併設の施設へ
 (2)経済成長とともに変化した施設規模
 (3)コモディティ化による競争の激化
 (4)混迷期に生まれたニュービジネス
 (5)Web 集客がもたらした集客サイトのブランド力向上
 
2.大型開発から中小規模開発へ
 (1)大型開発から中・小規模会館への移行プロセス
 (2)商圏の縮小がもたらした会館立地戦略
 (3)激変する環境下で「勝ち残る施設」になるためには
 (4)Web 時代に要求される施設のあり方
 (5)価値を高めるリニューアルの考え方

3.来るべきリニューアル時代への備え
 (1)急がなければならない施設リニューアル
 (2)価値観の変化に対応するリニューアルのコンセプトメイキング
 (3)既存戦略の継承は困難な時代に
 (4)投資計画と回収計画

4. リニューアルモデルプラン
 (1)リニューアル事業の進め方
 (2)既存大式場からのリニューアル
    ――2階建て葬祭会館のフルリニューアルを想定した場合
     儀式室/控室/外観
 (3)集客に役立つリニューアル
  
※事業収支モデルプランではありません


第U編 ケーススタディ

  ◎既存大型会館からのリニューアル
  ◎マーケットニーズ対応を受けてリニューアル
  ◎既存レイアウトを活かした低コストリニューアル
  など、5〜6事例を掲載予定


※編集内容は一部変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail