綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


割引価格にて最新版の予約受付中!

業界トレンドから個別施設の運営実績まで、
戦略立案やマーケティングに活用できる定量的な指標・定性データを網羅


【予約】温浴施設データファイル2022

[付録]主要施設&運営企業データベース


●A4判/縦型/約130頁+付録(Excel)●定価93,500円(本体85,000円)●2021年10月末日発刊予定
予約特価77,000円(本体70,000円) 
※予約特価は2021年1028日までにお振込みいただいた方に限ります。



【ごあんない】
 長期化する新型コロナウイルスの影響により、温浴施設は厳しい経営環境が続いています。主要ターゲットである高齢者層や女性、遠方からの利用が減少しているほか、飲食等の付帯収入も減少を強いられています。
 その一方で、コロナ禍における温泉観光の代替需要やサウナブームを取り込んだ施設では若年層・ファミリー層が増加するなど、光明も見出されています。
 本書は、こうした最新の業界トレンドや個別施設の運営実態を独自に調査し、新規開発からリニューアル、運営計画のベンチマークとなる指針を示してまいります。
 従来型の規模を競うスペック依存から、マーケットニーズや競争環境の変化にいかに対応するか――。その過渡期においては、定量・定性的なマーケティングと事業基盤の強化が求められます。ぜひ、本書をお役立てください。温浴施設の運営企業をはじめ、新規参入を検討する企業、デベロッパー、設備機器関連の企業の皆様に、ご購入をおすすめいたします。



【2022年版のポイント】
1. 2020年版と比較して、アンケート調査・収集データのボリュームを約1.5倍に増強。施設タイプに応じた競合分析、事例調査などにご活用いただけます。
2. コロナ禍における客層やニーズの変化、集客の工夫を調査。アフターコロナ市場の方向性を示唆します。
3. 全国の主要施設と主な運営企業の詳細なデータを収録。温浴関連企業の方が営業ツールとしてお使いいただくのにも最適です。




数量

【編集内容】

第1編 業界動向
1. 市場環境
2. 生き残りをかけた経営モデルの転換

 (1)コロナ禍・アフターコロナの商機、事業機会の拡大
 (2)コストコントロール
 (3)コンセプトの再構築とポジショニング
3. 新たな集客トレンド
4. 今後の展望


第2編 市場動向
1. 公衆浴場数の推移
2. 参加人口、参加率
3. 活動指数、消費額の推移


第3編 アンケート調査分析
1. 年代別の開業施設数
2. 施設規模
3. 営業概要
4. 利用料金
5. 温浴機能
6. 着衣サウナ導入率
7. 付帯機能
8. 入館者数
9. 利用特性
10. 売上動向
11. コロナ禍の客層変化
12. 集客の工夫
13. 経営課題
14. 今後の経営方針


第4編 アンケート調査回答施設(個票)約150施設

付録データベース(Excel)
1. 主要施設リスト(スーパー銭湯・健康ランド・日帰り温泉等の全国約1,900施設)
[収録データ]
 施設名/所在地/電話番号/開業年月/運営会社/敷地面積/延床面積/
 営業時間/入館料金/施設構成
2. 主要運営企業リスト(約250社)
[収録データ]
 会社名/本社所在地/電話番号/FAX番号/設立年月/資本金/従業員数/
 代表者名/展開施設数/施設名/主たる事業内容
3. アンケート調査回答施設データ(約150施設)
[収録データ]
 施設名/所在地/開業年月/運営会社/従業員数/敷地面積/延床面積/
 最大同時収容人数/下足ロッカー数/更衣ロッカー数/温浴部分面積/
 温浴部分収容人数/浴室面積/露天風呂面積/水着浴部分面積/
 浴槽数/付帯機能/飲食施設の席数/マッサージ・エステ等のベッド数/
 低温着衣サウナの種類数/2019年度入館者数/2020年度入館者数/
 1日当たり入館者数/主要商圏・集客率/平均滞留時間/
 低温着衣サウナ・飲食施設・マッサージ・エステ等の利用率/
 2019年度売上高/2020年度売上高/売上高構成比/客単価 ほか

※編集内容は一部変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。



[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail