綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


割引価格にて予約受付中!
感染症拡大で消費者の生活スタイルは様変わりし、
商業ビルは“地域共生による足元固めの施策”が喫緊の課題!

【予約】ローカライズ時代の商業ビル[エリアマーケティング&リーシング]資料集

●A4判/縦型/約100頁●定価99,000円(本体90,000円)●2021年7月中旬発刊予定
予約特価93,500円(本体85,000円) 
※予約特価は2021年715日までにお振込みいただいた方に限ります。


単館・電鉄系SCなど地域密着型の取組みにフォーカスし、
基本的な商圏分析や顧客分析等でエリアマーケティングの重要性をわかりやすく解説。
ローカライズ(地域化)時代に適したリーシング戦略やプロモーション手法をはじめ、
具体的な取組みを開示したケーススタディなど、勝ち残るための対応策を収録した、
デベロッパー、AM・PM企業実務者のための必携の書!


【本書の特徴】
特徴 1 商業ビルが足元を固めるローカライズの施策として、
基本的な調査・分析を押さえエリアマーケティングを整理
特徴 2 地域密着型の事業改革を実行するための、
リーシングマネジメントやプロモーションの具体策を収録
特徴 3 地域共生を前面に打ち出し展開する商業ビルのケーススタディから、
事業活性化の急所を徹底開示

【発刊の狙い】
 商業ビルは新型コロナ禍により休業や時短営業を余儀なくされましたが、加えて消費者の巣ごもり生活でネット通販拡大に拍車がかかり、業績不振に陥ったテナントの賃料減免などの負担が発生しました。特にグローバライズな展開をしてきた都市型商業ビルではテナントの撤退が相次ぎ、経営の抜本的な見直しが迫られています。消費者の新たな行動様式を捉えた営業スタイルへの転換が急務となったいま、生活圏を軸とした?ローカライズ″な地域密着型の経営戦略が一段と重要性を増したといってもよいでしょう。
 本書では、商業ビルの喫緊の課題である地域密着型の経営戦略を実行するため、ローカライズが求められる背景を確認し、基本的なエリアマーケティング手法からリーシングやプロモーションの進め方を詳解。地域のニーズを的確に捉えた具体策についてはハード・ソフト両面に分けて留意点を整理し、地域共生を目指した商業ビルをケーススタディに勝ち残る手法を提示してまいります。
 商業ビルの事業改革をいかに推進していくか、開発・運営管理を行う事業関係者はじめ、金融・投資関係者など事業性を求める方たちの実務資料として、関連事業者の皆様にぜひともご購読をお薦めいたします。


【監修・部分執筆】
太田巳津彦  株式会社ワイ・キャップ コンサルティング 代表取締役
中小企業診断士/販売士1級/SC経営士

1976年千葉大学卒業。同年潟сNルト本社入社。82年(社)日本ショッピングセンター協会に入職。92年鰹、業ソフトクリエイションへ出向。93年同社に転籍、営業部コンサルティング課課長。96年商業コンサルタントとして独立。97年、潟純C・キャップ コンサルティングを設立、現在に至る。2007年特定非営利活動法人一店逸品運動協会設立、理事長に就任。




数量
[編集内容]
 
第1編 商業ビルにローカライズが求められる背景
1. ローカライズとは
 (1)グローバライズとローカライズ
 (2)パーソナライズとローカライズ
 (3)本書におけるローカライズとは
 (4)ローカライズの先進事例
2 商業ビルにローカライズが求められる背景
 (1)商業ビルの現在地
 (2)今後の商業ビルにローカライズが必要な理由

第2編 ローカライズ対応の進め方
1. エリアマーケティング(調査・分析)
 (1)自施設近隣のマーケット情報の把握(商圏分析)
 (2)来客・売上動向の把握(顧客分析)
2. エリアマーケティングからみた施設構成の可能性
 (1)ローカルSCに求められる機能――商業ビルからコミュニティ施設へ
 (2)施設構成の考え方
 (3)今後期待される複合的要素
3. テナントリーシング(リーシングマネジメント)
 (1)新規テナント募集と既存テナント管理
 (2)地元企業、地元要望を踏まえたテナントミックス
 (3)臨機応変な契約形態の考え方
 (4)テナントに配慮した営業管理
 (5)テナント企業を支援するインキュベーション
 (6)リーシングのアウトソーシング
4. プロモーション(営業・販促)
 (1)テナント会の是非
 (2)ES・CS活動展開の仕方
 (3)イベント、祭り、ポップアップストア等による販売促進の実施
 (4)地域との連携(地域行政<防災協定>、
     地元団体<商工会議所、商工会>、
     地元企業<街の活性化、コロナ対策>、
     地元商業施設<コラボ売出し>)
 (5)SNS(Twitter、LINE、Facebook、Instagram、YouTube)を
     軸とした情報発信
 (6)他商業ビルとのネットワーク化による情報収集

第3編 ローカライズ実施の具体的留意点
1. 地域密着を考える
 (1)地元主導型SC衰退の理由
 (2)地域生活者のニーズに応える
2. 地元テナントリーシングのポイント
 (1)地元テナントの強みと弱み
 (2)地元テナントへのサポート
3. 怠ってはいけない人材の育成
 (1)地域の雇用を創出
 (2)人事の停滞を防ぐ
4. 地域のニーズを把握する重要性
 (1)消費者の声を聴く
 (2)テナントスタッフの声を聴く

第4編 事例研究
1. ニッケコルトンプラザ(千葉・市川市)/ニッケ・タウンパートナーズ
2. 新静岡セノバ(静岡市)/静鉄プロパティマネジメント
3. ペリエ千葉(千葉市)/叶逞tステーションビル
4. 盛岡駅ビルフェザン(岩手・盛岡市)/盛岡ターミナルビル

ほか、1事例を予定(順不同)


*編集内容は一部変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
 


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail