綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


割引価格にて予約受付中!
ホテルのM&A・再生を成功させるための投資戦略とは!
不動産、財務、法務、リノベーション、運営の視点からデューデリジェンスと
アフターコロナを見据えたバリューアップ手法を徹底解説!

【予約】ホテル投資・M&Aのための
    デューデリジェンスとバリューアップ資料集


●A4判/縦型/約100頁●定価93,500円(本体85,000円)●2021年3月末発刊予定
予約特価88,000円(本体80,000円) 
※予約特価は2021年330日までにお振込みいただいた方に限ります。



多角的な視点からの投資戦略手法
 新型コロナウイルス感染拡大により大きな打撃を受けたホテル業界。GoToトラベルキャンペーンなどで、一時は活気も戻ってきましたが、第三波の到来でGoToは中止になり、緊急事態宣言が再発令され、再び厳しい状況に転じました。また、法人需要は戻らず、ビジネスホテルの状況も改善されていません。そのため、ホテルの売買は全体的にみれば停滞しています。しかし一方で、投資家やリート、一部企業などは、すでに水面下でホテル投資をはじめております。雇用調整助成金は2021年2月末まで延長となったものの、コロナ禍が長引くなか、借入れにも限界があり、それに伴って売却案件も増えることが予想されます。
 ただ、M&Aやホテルの買収、投資を行うにしても、その後に収益アップができなければ意味がありません。収益を上げるためには、緻密なデューデリジェンスやニューノーマルに対応できる明確な投資戦略を描くことが必要です。
 本書では収益アップが可能な物件を見極めるための評価・見方から、投資戦略に基づいたバリューアップ手法まで、不動産、財務、法務、リノベーション、運営の、あらゆる視点からM&A・投資を成功させる一連の実務を詳解いたします。
 投融資に携わる金融機関のご担当者、ホテルM&Aや事業再生、投資を検討している方、鑑定実務に携わる方など、広く関連事業者の皆様にご購入をお薦めいたします。


【本書の特徴】
特徴 1 ホテルのM&A、買収、再生投資に必要なデューデリジェンス(事業価値評価)のポイント、バリューアップ方法を実例やデータを用いて具体的に詳解!
特徴 2 「不動産」「財務」「法務」「リノベーション」「運営」の5つの視点から豊富な実績をもつ各専門実務家が徹底解説!
特徴 3 オペレーターチェンジ、契約・賃料形態の変更、コンセプトの再構築、運営手法など、アフターコロナを見据えたこれからのホテル投資戦略とスキームの選定を提示!

【執筆者】
第1編 第2編 T  沢柳 知彦  立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 特任教授
潟uレインピックス 代表取締役
第2編 U  福島 朋亮  FAソリューションズ株式会社 代表取締役
第2編 V  倉内 英明 
岡部 知樹
松岡 惠美子 
TMI総合法律事務所 パートナー弁護士/ニューヨーク州弁護士
TMI総合法律事務所 弁護士
TMI総合法律事務所 弁護士
第2編 W  馬渡 伸之 いごこちマネジメント株式会社 代表取締役
第2編 X  菅野 潔  ホスピタリティマネジメント株式会社 代表取締役社長




数量
[編集内容]
 
第1編 投資戦略とスキームの選定
 1. ホテル投資の意義の再確認
 2. スクリーニングの重要性
 3. バリューアップのメインシナリオ策定
 4. 出口戦略との整合性


第2編 各視点からみたデューデリジェンスと
      バリューアップ手法

T. 不動産デューデリジェンス
 1. 権利関係
 2. 公法規制
 3. 物理的瑕疵
 4. リブランディング・リノベーションへの対応


U. 財務デューデリジェンス
 1. 財務デューデリジェンスの目的
 2. 具体的な手続き

  (1)実態貸借対照表、実態収益力、財務3表
    (貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書)の実態調査
  (2)会社の歴史の数値化
  (3)対象となるホテルの不動産や経営者個人所有の資産等に関する
      担保の設定状況の把握
  (4)資金繰り状況の確認
  (5)税務等の状況の確認
  (6)不動産取得税・登録免許税等M&Aに伴い想定されるコストの
      把握
 
V. 法務デューデリジェンス 
 1. ホテル投資スキームの法的分析
  @所有直営
  A運営委託
  B賃貸借直営
  C賃貸借+運営委託
 2. ホテル投資・M&Aのパターン
  (1)ホテル不動産(信託受益権)の譲渡
  (2)M&A
   @所有直営型ホテル会社のM&A
   A不動産自体に着目したM&A
    (所有+賃貸借型/MC型でホテル所有会社のM&A)
   Bホテル運営会社の人材・ノウハウを目的としたM&A
    (所有+賃貸借型/MC型で運営会社のM&A)
 3. ホテルの現物不動産・受益権の売買契約
  (2)賃貸借契約とMCの比較
  (3)海外ホテルブランドとの契約
 4. ホテルのM&A
  (1)M&Aのスキーム
   @株式譲渡 
   A合併 
   B分割 
   C事業譲渡
  (2)法務デューデリジェンスにおける一般的な検討項目および
      検討資料
  (3)ホテル事業特有の調査項目
   @所有直営型ホテル会社のM&A
   A不動産自体に着目したM&A
   Bホテル運営会社の人材・ノウハウを目的としたM&A
  (4)M&A契約

W. バリューアップのためのリノベーション
  〜グランドデザインの重要性

 1. リノベーションに必要なグランドデザイン 
  (1)リノベーションの本質とグランドデザイン
  (2)グランドデザインとは
   @ホテルコンセプトの方向性
   A事例からみるグランドデザインの重要性
  (3)成功のポイント
 2. リノベーション(建物)デューデリジェンス
  (1)ゾーニングのチェック
  (2)デューデリジェンス項目
 3. リノベーション事例
   ・数寄屋建築の料亭からホテルへのリノベーション 他
 4. 4つの施設投資戦略
  (1)コマーシャル投資
  (2)維持管理
  (3)環境トレンド
  (4)長期ビジョン
 5. ニューノーマルにおけるリニューアル手法
  (1)客室
  (2)宴会場

X. 運営面からみた収益改善(バリューアップ)手法
 1. ホテル業界の現状と今後の方向性
  (1)2021年のホテル業界は優勝劣敗
  (2)2021年の部門別売上見込み
 2. 収益改善のための人材育成と労働生産性
  (1)コロナ後のレベニューマネジメントはどう変わるのか
  (2)ホテル業界の新たな役割
 3. バリューアップのために必要な事業デューデリジェンス(実態把握)
  (1)事業デューデリジェンスの業務フローと重要性
  (2)調査項目と分析手法
  (3)各調査のポイントと分析事例
   @目視調査
   Aインタビュー調査
   Bマーケット調査
   C運営数値分析
   Dお客様の声分析
  (4)経費適正化(人件費、原価、営業経費)のための考え方と手法
  (5)営業利益(GOP)の適正化
  (6)課題抽出と営業方針の決定
  (7)利益率の高い顧客の集客方法
 4. 売上改善・経費削減・顧客満足改善のポイント
  ・具体例の紹介(一覧)

※編集内容は一部変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail