綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


割引価格にて予約受付中!
激変する不動産マーケット!
今後の動向が注目される不動産21業種のM&A、買収、再生投資を見据えた収益評価手法を詳解!
市場動向、価値評価&向上手法・評価収支モデルにより、各アセットを横断的に比較検証できる!

【予約】アセット別不動産の事業評価&収支モデル集(全2巻)

第1巻[居住/ヘルスケア/オフィス・商業]
第2巻[ホテル・宿泊/倉庫・インフラ]

●A4判/縦型/各巻約100頁●定価 各巻85,000円+税 / 2巻セット160,000円+税
●2020年10月上旬発刊予定
予約特価 各巻80,000円+税 / 2巻セット150,000円+税 
※予約特価は2020年108日までにお振込みいただいた方に限ります。



【ご案内】
21業種の事業評価ポイント・収支モデル
 2020年に予定されていた東京オリンピック開催や日銀による異次元の金融緩和などを背景に活況を呈していた不動産マーケットですが、新型コロナウイルスの世界的な蔓延により一気に冷え込むこととなりました。
 業態によって明暗は分かれましたが、経営破綻なども目立ちはじめてきており、多くの業態が絶え凌いでいる状態です。しかし、一方では、アフターコロナに向けて、すでに水面下で、投資家やリート、体力のある企業などが価格の下がった不動産への投資を検討しはじめており、その評価の仕方や、価値向上の手法が求められています。本書では、オフィス、マンション事業から注目されるオペレーショナルアセットまで21業種を2巻セットで取り上げ、業種ごとに市場動向、事業特性、デューデリジェンス(事業価値評価)のポイント、価値向上のための改善策までを解説、評価収支モデルを提示いたします。評価収支モデルにおいては、キャッシュフローや利回りを算出して事業性を徹底検証、どの業種が貴社のプロジェクトにふさわしいのか、比較検証を可能としております。
 投資・買収を検討している投資家、デベロッパーをはじめ、不動産鑑定士、また融資の判断材料として金融機関の皆様にご購読をお勧めいたします。


【本書の特徴】
特徴 1 今後の動向が注目される21業種の市場規模や事業の背景、業界動向など市場動向を解説。事業の将来性を展望できる!
特徴 2 事業特性、デューデリジェンス(事業価値評価)のポイント、価値を上げるための改善のポイントを詳解。M&A、買収、再生投資に役立つ!
特徴 3 評価収支モデル(収支分析シミュレーション)を用いた利回り・キャッシュフローを提示。事業性比較検証が可能!

【執筆者】
第1巻 第1編1〜3, 5, 第3編1, 2
第2巻 第2編4
 村上 公  むらかみ不動産鑑定士事務所 代表
第1巻 第1編4  大村 聡  蒲ァ地評価研究所 鑑定部 マネージャー
第1巻 第2編1, 2  芳賀美紀子  蒲ァ地評価研究所 専務取締役
第1巻 第2編3  村山 浩  ヘルスケア マネジメント パートナーズ 代表取締役
第1巻 第3編3  田代 務  T-Arts不動産鑑定 代表取締役
第2巻 第1編1〜4  北村剛史  鞄本ホテルアプレイザル 代表取締役
第2巻 第1編5, 第2編2  田口智士  日本ヴァリュアーズ 資産評価U部 部長
第2巻 第2編1  江口晃太  大和不動産鑑定 東京本社 鑑定本部 部長
第2巻 第2編3  大串卓矢  潟Xマートエナジー 代表取締役





●全2巻セット
数量 セット

●第1巻[居住/ヘルスケア/オフィス・商業]
数量

●第2巻[ホテル・宿泊/倉庫・インフラ]
数量

[編集内容]
第1巻 居住/ヘルスケア/オフィス・商業
第1編 居住系事業
 1. 賃貸マンション
  (1)ファミリータイプ
  (2)ワンルームマンション
 2. サービスアパートメント
 3. マンスリーマンション
 4. 学生寮
 5. シェアハウス


第2編 ヘルスケア系事業
 1. 有料老人ホーム
 2. サービス付き高齢者向け住宅
 3. 病院


第3編 オフィス・商業系事業
 1. オフィスビル
 2. シェアオフィス
 3. 都市型商業ビル




第2巻 ホテル・宿泊/倉庫・インフラ
第1編 ホテル・宿泊系事業
 1. シティホテル
 2. 宿泊主体型ホテル
 3. 旅館
 4. コンドミニアムホテル/タイムシェア
 5. カプセルホテル
 6. レジャーホテル


第2編 倉庫・インフラ系事業
 1. 物流施設

  (1)マルチテナント型
  (2)BTS型
 2. トランクルーム(セルフストレージ)
 3. 太陽光発電事業
 4. データセンター


[各業種の解説内容]
 1. 市場環境・マーケット動向
 2. 事業特性
 3. デューデリジェンス(事業価値評価)のポイント
 4. 価値を上げるための改善のポイント
 5. 評価収支モデル(収支分析シミュレーション)


※編集内容は一部変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。




[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail