綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


割引価格にて予約受付中!
「特定技能」資格制度の創設、「技能実習生」の本格的受入れが開始!
介護施設の外国人受入れの体制づくりと管理&育成のための指導ノウハウ、
関係団体・機関の現状と受入れ施設の先進事例を収載!

【予約】介護施設の外国人雇用計画と育成手法資料集

〈付録〉
 技能実習制度の申込みに必要な申請書ほか介護参考様式を収録


●A4判/縦型/約100頁●定価74,000円+税●2019年10月中旬発刊予定
予約特価69,000円+税 ※予約特価は2019年1017日までにお振込みいただいた方に限ります。


【監修】
伊藤 亜記 株式会社ねこの手 代表取締役 監理責任者



【外国人雇用を円滑に推進するための手法】
  労働力不足を背景に、外国人労働者受入れ拡大に向けた「改正出入国管理法」(出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律)が今年4月1日に施行されました。これまで認められていなかった単純労働就労への門戸が業種限定で解禁され、将来の永住への道筋もみえるようになるなど画期的な改正であり、とくに人手不足が著しい介護事業において大きな関心を集めています。
 同法によって、介護職種において「特定技能」という新たな在留資格制度がスタートしたわけですが、外国人労働者の受入れとしては、2017年11月、技能実習法(外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律)の施行に合わせて、技能実習制度に介護職種が追加されており、今年4月から、介護施設での採用が本格的にはじまっています。今後、外国人技能実習機構に申請されている監理団体(協同組合)への外国人の受入れも続きます。また、技能実習生として3年目まで修了すれば、「特定技能1号」に必要な試験が免除されるため、「特定技能」資格への変更も増加すると想定されます。
 技能実習制度に関する書籍はこれまでも出版されていますが、介護事業に絞ったものはなく、介護・医療事業者や監理団体(協同組合)から実務書に対する要望が高まっていました。こうした状況を踏まえ、本書では、介護職種に的を絞った技能実習制度の内容と外国人雇用・育成体制の整備、外国人介護職員指導に必要な知識やテクニック、新しい資格の「特定技能」の特徴と現状、加えて外国人雇用の実際について解説いたします。さらに雇用を行っている施設を取材しその実態を探ってまいります。
 外国人採用を検討されている、もしくは雇用を開始し外国人対応の手法を習得されたい介護事業者、介護職種を採用される管理団体ほか関連事業者の皆様にご購読をお奨めいたします。


【本書の特徴】
特徴 1 在留資格や外国人雇用制度を介護事業に特化してわかりやすく解説!
特徴 2 今後本格的に採用が進む技能実習生の管理と体制づくり、外国人介護職員の指導方法を提示!
特徴 3 すでに外国人介護職員を雇用している事業所の実態を取材・解説!
特徴 4 国内では情報を入手しにくい、送り出し側の現状をフィリピンの送り出し機関が解説。
外国人の特性や介護事業を選択してもらう場合のポイントも詳解!
特徴 5 外国人職員採用を検討中の介護事業者、すでに雇用を開始している事業者ともに
必要な知識・技術を修得可能!

【執筆者】
 第2編1〜3、第3、4編
  伊藤 亜記 株式会社ねこの手 代表取締役 監理責任者  
 第1編1、第2編4
  藤井 正博 藤井事務所 社会保険労務士・行政書士
 第1編2
  大岡 信介 サーチ事業開発協同組合 理事  
 第1編3
  山本 芳久 ウノ オーバーシーズ プレースメント インク 日本マーケティングスタッフ
 第1編4
  稲田 義人 株式会社ゲストハウス シニア事業部
 第2編5
  石川 貴教 森・濱田松本法律事務所 弁護士





数量
[編集内容]
第1編 外国人介護職員雇用の現状と留意点
 1. 外国人受入れの経緯と4大在留資格
  (1)入管法等法改正の歴史
  (2)外国人雇用の実態
  (3)外国人雇用への企業の期待感
  (4)在留資格とは
  (5)在留資格の種類
  (6)就労可能な資格と不可能な資格
 2. 監理団体(協同組合)からみた受入れの現状と介護人材のニーズ
 3. 送り出し機関(フィリピン)からみた現状 

  (1)送り出し機関での介護職種へのニーズ
  (2)日本の介護の魅力・選択ポイントとは 
  (3)外国人採用を行う場合の留意点 
  (4)フィリピン人の特性と注意点
  (5)フィリピンにおける「特定技能」ビザについての現状
 4. 中国人の育成経験からみえた中国人技能実習生の魅力

第2編 外国人技能実習制度の理解
    〜受入れのポイントと具体的な進め方 

 1. 「特定技能」資格と技能実習制度との違い
 2. 外国人技能実習制度の概要と介護職種の要件

  (1)技能実習制度とは
  (2)技能実習制度に関わる機関等
  (3)技能実習の流れ
  (4)技能実習制度への介護職種の追加
  (5)介護職種の固有要件について
  (6)技能実習生の権利擁護
 3. 労働基準法および関係労働法令
 4. 労務管理のポイントと受入れ関連書類作成のポイント

  (1)労務管理のポイント
    @労働基準法等の関係法令の遵守
    A就業規則の説明と周知のポイント
    Bけが・病気への対応
    Cコミュニケーションの重要性
    Dメンタルヘルス対策
    E女性介護者の母性健康管理
  (2)書類作成時の留意点
  (3)外国人雇用状況報告書(様式3号)の作成
 5. 外国人雇用における法の留意点と法令遵守の体制づくり

第3編 技能の理論と指導方法
 1. 外国人介護職員・技能実習生の対象とされる「介護」についての理解 
  ●必須業務、関連業務、周辺業務
 2. 技能と指導のポイント
 3. 技能実習計画の作成と指導方法

  ●技能実習計画と実習プログラムの作成

第4編 外国人介護職員指導における課題とその対応
 1. 外国人介護職員における留意点
 2. 外国人介護職員との向き合い方
 3. コミュニケーションの取り方
 4. 生活習慣や文化の理解
 5. 日本語学習支援について
 コラム:教育システムの構築例


第5編 外国人介護職員受入れ施設・企業の先進事例
 社会福祉法人野の花会(鹿児島県南さつま市)
 社会福祉法人八生会(静岡県浜松市)
 ほか

[付録CD-ROM]
技能実習制度の申込みに必要な申請書ほか介護参考様式を収録
申請書類補正(追加書類提出)申告書/入国後講習実施予定表/入国前講習実施(予定)表/日本語科目の講師の誓約書(入国後講習)/日本語科目の講師の誓約書(入国前講習)/日本語科目の講師の履歴書など

*編集内容は一部変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail