綜合ユニコム|経営資料集 [ホームへ戻る]

資料集一覧お申し込み


特別価格にて予約受付中!
施設の大型化や建築費の高騰などにより投資額が増大する温浴施設は、
より的確な事業成立性の判断が求められる!
温浴施設の新規開発および再生・リニューアルを想定した
事業収支モデルと収支ソフトプログラムを収録!

[CD-ROM]温浴施設の事業収支ソフトプログラム

●CD-ROM[Excel]●定価90,000円+税●2019年8月末発売予定
予約特価85,000円+税 
 ※予約特価は2019年829日までにお振込みいただいた方に限ります。



【ごあんない】
 温浴施設は、わが国において年齢・性別を問わず人気の高いレジャー施設として定着しており、全国各地にさまざまなタイプの施設が開発され、ストレス社会といわれる現代において、その癒し効果や健康・レクリエーション機能は大きな役割を担っています。
  かつての建設ラッシュ時と比較すると、近年は開発のペースは落ちているものの、不採算店舗の再生や開発意欲の高い企業による新規開発、また、温浴機能を盛り込んだ再開発事業等も各地で計画されるなど温浴施設の話題が尽きることはありません。
  しかし、競合施設との差別化を目指した施設の大型化や近年の建築工事費の高騰、工期の長期化などを受け、投資額も高騰する傾向にあり、従来にもましてシビアな事業化計画の立案が求められるようになってきています。本ソフトプログラムは、現在の実状に即したタイプ別の温浴施設の事業モデルを提示するとともに、必要諸条件を入力することで、当該事業のキャッシュフローや評価を自動算出することが可能であり、事業成立性の判断に役立ちます。
 新たに参入を検討する方々はもとより、温浴施設事業者をはじめとする業界関係者の皆様にも必携のアイテムとしてご購入をお薦めいたします。


【本ソフトプログラムの特徴】
特徴 1 近年の運営実態に合わせた温浴施設(新築・スタンドアローン型、新築・ビルイン型、リニューアル・再生型)の事業収支モデルを提示!
特徴 2 初期投資および収入・支出などの設定条件を入力することにより、土地オーナーおよびオペレーターの事業収支・評価を自動算出!
特徴 3 投資回収年、IRRなどによる事業指標を明示することで、事業成立性を判断できる!!



数量
[収録内容]
T.温浴施設の事業収支シミュレーションモデル
 1. 新規開発@スタンドアローン型
 2. 新規開発Aビルイン型
 3. リニューアル・再生型

 ※上記3タイプの温浴施設の事業収支モデルを提示


U.事業収支ソフトプログラム
 ※与件を入力することで長期事業シミュレーション・事業評価を自動算出します。

 1. 前提条件
  (1)土地・建物与件
    敷地面積、延床面積、土地・建物所有形態(取得・所有地・借地・
    テナント等)等
  (2)運営与件
    直営、オペレーター(土地を賃借、土地・建物を賃借)
  (3)利用与件
    利用者数、利用者属性等
  (4)初期投資額
    建築工事費、設備工事費、内装工事費、厨房工事費、駐車場、
    外構工事費、温泉掘削関連費、開業費、企画設計料、土地取得税、
    土地登録税、建物取得税、建物登録税、保証金等

 2. 追加投資
  (1)追加投資額
  (2)追加投資年次


 3. 減価償却
  (1)初期投資
    対象額、償却年数
  (2)追加投資
    対象額、償却年数

 4. 利用者数の想定
  (1)営業条件
    営業日数、営業時間、休業日
  (2)利用者属性
    大人、子ども、シニア、回数券別利用者数・構成比
  (3)経年利用者数の想定

 5. 収入計画
  (1)料金体系
  (2)売上構成

    入館料、飲食、リラクセーション、物販・その他、付帯事業等
  (3)年間売上(経年)

 6. 支出計画
  (1)仕入原価
  (2)人件費、福利厚生費
  (3)地代、賃料・共益費
  (4)営業経費

    水道光熱費、保守・修繕費、広告宣伝費、保険料、消耗品費、
    清掃費、運営委託費、その他費用等
  (5)公租公課
    土地取得税、土地登録税、建物取得税、建物登録税、事業所税等
  (6)年間支出(経年)

 7. 事業収支計画(オーナー収支・オペレーター収支を個別に算出)
  経常収入、経常支出、税引前利益、税引後利益、
  営業キャッシュフロー、資金収入、資金支出、調達資金残額、
  内部留保金、IRR、トータルキャッシュフロー、投資回収年、
  経常利益率


※収録内容は一部変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0025 E-mail