月刊プロパティマネジメント [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




トップへ戻る

バックナンバー
媒体資料

数量
月刊プロパティマネジメント 2014年6月号 定価:本体3,200円+税

<特集>
将来有望市場、新アセットクラスを開拓する不動産・ファンド事業者
不動産再生・市場活性化担う
プレーヤー各社の顔ぶれ


回復が言われて間もなく、不動産投資市場は早くも「投資適格物件の枯渇」が課題となりつつある。
先の市場サイクルからビジネスの流れをなぞらえれば、不動産事業者およびファンドAMの熱い注目を集めるのは、地方をはじめとする都市の「活性化・再生」案件と、インフラやヘルスケアなど「新アセットクラス」の開拓だ。
本特集では、これからの市場活性化を担う不動産・ファンド事業者の顔ぶれを紹介していく。



不動産再生プレーヤーに贈るエール
「耐震・環境不動産形成促進事業」
 不動産再生への行程と、ファンド・マネジャーにかける期待
 ――環境不動産普及促進機構に聞く

観光活性化ファンドで地方活性化を応援
地方の観光産業にフォーカス
 活性化担う取組みをファンドで後方支援
 地域経済活性化支援機構/日本政策投資銀行/リサ・パートナーズ

“土壇場SC”再生へのチャレンジ
ネットで話題を呼ぶ琵琶湖畔の迷走案件
 商業施設「ピエリ守山」がいよいよ再生へ
 サムティ/マイルストーンターンアラウンドマネジメント

地域活性化を不動産バリューアップにつなぐ
「ワテラス」核に地域コミュニティを「再生」
 ビルの価値を維持・向上させる新モデルを創造
 安田不動産

海外ビジネス展開、現地大手とタッグ
タイ最大手デベTCC Landと共同で
 バンコクに体験型商業「雪の街」を開設
 ダヴィンチ・グループ

AM事業領域を拡充
ヘルスケア不動産のAM事業に参入
 新プロダクトタイプへの取組みを強化
 シンプレクス不動産投資顧問



【J-REIT INTERVIEW】日本リート投資法人
初期ポートフォリオの半分以上を第三者から取得
投資家目線を最重要視する“インベスター型”を標榜
石川 久夫氏[双日リートアドバイザーズ]

【REPORT】
日本リート投資法人の目論見書からの分析と解説
山崎成人[REITアナリスト]



【HOT TOPICS】
◎東京Bグレードオフィス賃料は2014年も5〜10%上昇と予測
 JLLのレポートより
◎ケネディクスをメインスポンサーとするヘルスケア施設特化型REIT
 2014年内に500億円規模で上場予定
◎シービーアールイーがオフィスデータを刷新
 不動産投資市場関係者のニーズを追求
◎谷澤総合鑑定とティーマックスがコリアーズと業務提携
 海外不動産評価業務を拡大
◎米国不動産投資“不慣れな”海外投資家に適した対象は?
 ――FROM N.Y.

【NEWS FOLDER】
・三菱地所グループが、現地デベ大手と組み
 タイ・バンコクで大規模住宅開発
・グリーンビルディングジャパンが、
 五輪でグリーンビルディングが果たし得る役割をテーマにシンポジウム開催
・アビリタス ホスピタリティが、マスターリース事業に参入
 札幌全日空ホテルの経営をスタート
・日本ERIが、BELS評価業務を開始
 6月12日に無料セミナーを東京で開催
・ソニーが不動産ビジネスに参入
 「ソニー不動産」が今年8月から営業開始
・三菱地所レジデンスらが
 東京・西新宿で60階建て・976戸の日本最高階数タワーマンションを開発
・森ビル「23区大規模オフィス調査」
 空室率は全体的に低下傾向ながら15年以降は100万u以上の供給続く
・アパマンショップが、ベターハウス上海を子会社化

【連載】
南一弘の街を行く
 ――オヤジだけの街ではない(新橋)
 南一弘[ジャパン・アセット・アドバイザーズ]
「寝る前に」考える授業
 ――PBRからの連想(その2)
 岩内泡蓋
チャイナ(上海)商業店舗賃料一覧
 パシフィックスター・コンサルティング
改めて考える商業店舗
 中国市場参入の手引き
 ――店舗出店時の交渉の実際
商業施設リーシング・チャンス
 ――街の模型屋からホビー・メーカーへ
 コトブキヤの挑戦
 小倉弘[クラウドプランニング]
井出保夫の不動産金融レポート
 ――日銀が追加緩和を見送り
 物価安定目標2%に自信示す
 今年1〜3月期GDPは大幅上振れ
 井出保夫[井出不動産金融研究所]
法令ニュース
 ――海外交通・都市開発事業支援機構法と
 インフラシステムの輸出促進策
 野間敬和[TMI総合法律事務所]
J-REIT MONTHLY DATA FILE
 藤浪容子[アイビー総研]
From ULI
 ――巨大観覧車の世界的な建設ラッシュ
 トランズパシフィックエンタープライズ
ブックレビュー


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0046 E-mail