月刊プロパティマネジメント [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




トップへ戻る

バックナンバー
媒体資料

数量
月刊プロパティマネジメント 2013年8月号 定価:本体2,905円+税

<特集>
ワークスタイルの変化に対応した付加価値を考える
オフィスビル空間 5年後の常識

ITの進歩によるビジネスの国際化と産業の多様化で、
企業の考えるオフィスの「あり方」が変化してきた。
それに伴い選ばれるオフィスの条件も変化している。
業務統合管理の場としての機能やスペックを備えたうえ、
知的創造ができる場としての環境が重視されるようになってきた。
喫煙ルームやリフレッシュスペースに代表される「情報共有・交流」
働き方の多様性を受け入れられる空間としての「柔軟性」など、
未来のオフィスビルが備えるべきキーワードを顧客志向で考えてみた。



【OVERVIEW】
考察 オフィスビル、5年後の「常識」
 新たな価値創出は顧客志向と未来志向で
 松村徹[ニッセイ基礎研究所]

【VIEWPOINT】
各分野の識者に聞く「理想のオフィスビル空間」


<既存ビル事業の「ウィークポイント」>
企画・設計から管理運用まで
 「総合力」が問われる時代のビルづくり
 ――シービーアールイーに聞く

CREの視点から評価・提案できる
 「価値あるオフィス」のすがた
 ――ジョーンズ ラング ラサール 佐藤俊朗氏に聞く

<ワークプレイスの「イノベーション」>
「シチズンオフィス」という概念
 家具が引き出すワーカーの潜在力
 小野暢子[インターオフィス]

問い直されるオフィス空間の役割と価値
 業務効率性からビジネス創造へ
 ――コクヨファニチャー 山下正太郎氏に聞く

<オフィス空間づくりの「アイデア」>
知識創造時代の要請に応える
 「多様化」「社会化」するビルづくりのヒント
 仲隆介[京都工芸繊維大学]

キーワードは「人間性」
 住宅の経験に基づくデザインソリューションを展開
 ――ブルースタジオ 吉川英之氏に聞く

【CASESTUDY】
最新コンセプトのオフィス空間・サービス

都心にはない新しいオフィスビル価値を提案
 恵まれた空間価値を最大化する運営力
 中野セントラルパーク(東京建物)

賃貸業からオフィスライフサポート業へ
 大手デベが直接運営する会員制サテライトオフィス
 ビジネスエアポート青山(東急不動産)

オフィスは共創型事業拠点に進化する
 外部知識を活用する新ビジネスモデルを提案
 SYNQA(イトーキ)

【ANOTHERVIEW】
テナントや投資家から評価される
 グリーンビルのつくり方、効果的アピール方法
 平川正毅 [レンドリース・ジャパン]



【J-REIT INTERVIEW】
野村不動産マスターファンド投資法人

物流施設と商業施設に投資する安定重視のREIT
 中期で4,000億円の資産規模を目指す
 片岡 隆 氏[野村不動産投資顧問]

【REPORT】
「2015年6月」が市場上昇から下降への転換点
 ――クレジット・プライシング・コーポレーションが予測
 PM編集部

星野リゾート・リート投資法人の
 目論見書からの分析と解説
 山崎成人[REITアナリスト]



【HOT TOPICS】
◎アジア太平洋の不動産市場規模は7兆ドル、2031年には45兆ドルへ成長
 ――豪・西シドニー大学、ニューウェル教授による調査
◎アスタリスクが英・ハロッズ社と業務提携
 カタール当市長保有のプライム物件の国内外“超”富裕層向けに販売
◎三菱商事都市開発が原宿・竹下通りに
 女性向け商業施設「CUTE CUBE HARAJUKU」を開発
◎埼玉を拠点に実績伸ばすオフィス・商業BM/PM企業
 徹底した顧客目線の「おもてなし」志向が好評価
◎不動産投資動向とマンハッタンのオフィス市場
 ――FROM N.Y.

【NEWS FOLDER】
・三菱地所グループが米不動産投資ファンドを組成
 日本の年金基金も出資
・2012年の電力量平均は39.5kWh/坪
 「オフィステナント電力量」調査
・不特法改正法案が参議院で可決、
 SPC型の事業が認められる
・スパークス・グループとアドバンス・レジデンス投資法人が、
 第4号の共同投資を実行
・リエゾン・パートナーズが子会社設立、
 高齢者向け住宅・施設に特化した建物リース事業に参入
・伊藤忠アーバンコミュニティが、中国でのビル管理事業に参入
 現地大手FM会社に一部出資
・サンケイビルが、賃貸住宅事業に本格参入
 新規開発も視野に
・環境省が、低炭素化プロジェクトに出資を行う
 「地域低炭素投資促進ファンド事業」を本格化へ
・GLPが、マルチテナント型物流施設「GLP鳴尾浜」を開発
・エー・ディー・ワークスが、PM事業を子会社に承継、
 子会社名を「エー・ディー・パートナーズ」に商号変更
・日本エスコンが、PM子会社「エスコンプロパティ」を設立
・丸紅と三菱地所レジデンスが、
 中国・吉林省長春市にて複合開発を実施
・東京建物が、グループ再編を実施
 住宅管理・ビル管理の子会社をそれぞれ集約
・住友林業が、子会社を通じて
 米国の住宅事業会社を取得、北米で住宅事業を拡大

【連載】
「寝る前に」考える授業
 ――市場に向かいあう
 岩内泡蓋
南一弘の街を行く
 ――昔と変わらぬ魅力と活気(ニューヨーク)
 南一弘[ジャパン・アセット・アドバイザーズ]
チャイナ(上海)商業店舗賃料一覧
 パシフィックスター・コンサルティング
商業施設リーシング・チャンス
 ――成長する100円ショップの相違点
   注目株「Seria」のチェックポイントを探せ
 小倉弘[クラウドプランニング]
井出保夫の不動産金融レポート
 ――景気判断の上方修正で
   追加緩和は当面見送りへ
 井出保夫[井出不動産金融研究所]
法令ニュース
 ――改正不動産特定共同事業法と
   SPCによる不動産特定共同事業
 野間敬和[TMI総合法律事務所]
J-REIT MONTHLY DATA FILE
 藤浪容子[アイビー総研]
From ULI
 ――土地利用の未来像
 トランズパシフィックエンタープライズ
ブックレビュー


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0046 E-mail