■受講料:全講座 無料(事前予約方式)
■定員:450名(定員に到達次第締切らせていただきます)
■お申込み:
 右の申込みボタンをクリックしてください。申込みフォームのページが開きます。
お申込み完了後、参加証を表示するための確認メールを登録いただいたメールアドレスへ返信いたしますので、参加証をプリントアウトして当日会場までお持ち下さい。

※確認メールが届かない場合は、お申込みが正しく受付けられなかった可能性が
 あります。お手数ですが再度お申し込みいただくか、事務局までご連絡ください。

※講演企業・演題が変更される場合がございます。ご了承ください。
※定員到達により締切となった講座も、当日のキャンセル状況により受講できる
 場合がございます。ご希望のお客様は当日、該当講座の会場にてご確認ください。

※弊社の個人情報保護方針はこちらにて公表しております。
※本シンポジウムの内容を無断で新聞・雑誌・Web等に掲載すること及び、
 講演の録音・撮影、パソコン・携帯電話の会場内での使用はお断りいたします。







 317(火)
S-1 講座 3月17日(火) 10:00~11:20 【基調講演・パネルディスカッション】  [詳細]
新しいパチンコ・パチスロへ。
新しい産業像と『存在価値』

——「ファン人口回復」への取組み
  社会と人々と共生する産業への構造改革に向けて

 ・ パチンコ産業の現状と課題
 ・ 地域と人々と共生する大衆娯楽へ
 ・ 「遊技機」と「遊技環境」の見直し
 ・ 「依存問題」への取組み

[パネルディスカッション]
 阿部 恭久 全日本遊技事業協同組合連合会 理事長
 庄司 孝輝 一般社団法人日本遊技関連事業協会 会長
 藤森 徹 ㈱帝国データバンク 東京支社 情報部長
 美原 融 大阪商業大学 アミューズメント産業研究所 所長・教授 
         IR*ゲーミング学会 副会長


S-2 講座 3月17日(火) 13:30~14:30 【依存問題対策】  [詳細]
毎日パチンコをしている人は「依存症」ですか? 
パチンコ産業の「依存問題」への取組み

——「依存対策」への従業員教育と店舗対策ケーススタディ


 安藤 博文 一般社団法人日本遊技関連事業協会 依存問題プロジェクト リーダー
          ピーアークグループ デライト・コミュニケーションズ㈱ 取締役
 堀川 和映 ㈱第二営業部 顧問


S-3 講座 3月17日(火) 15:00~15:50 【リーディング企業経営戦略研究】 [詳細]
市場衰退期における[フォーマット改革]と
人材確保難時代の[業態改革]

——先行きが不透明な時代に我々がやっておきたいこと

 加藤 英則 夢コーポレーション㈱ 代表取締役社長


 318(水)

S-4 講座 3月18日(水) 10:30~11:30 【低射幸性遊技の推進】 [詳細]
「ファン拡大」を図る遊技機開発の方向性
——低射幸性遊技機開発による休眠層開拓と
  新しいお客様の創造に向けて

 ・ なぜ参加人口が3,000万人から970万人に減少したのか
 ・ 遊技「価格」と遊技「価値」のバランスをどう考えるか
 ・ 離脱したお客様を取り戻す新しい遊技機スペック

 星野  歩  サミー㈱ 取締役 研究開発本部長
 東郷 裕二 ㈱SANKYO 常務執行役員 商品本部長兼商品戦略室長
 内藤 裕人 一般社団法人日本遊技関連事業協会 遊技機委員会 委員長



S-5 講座 3月18日(水) 13:30~14:20 【経営戦略】  [詳細]
[マーケット縮小]と[淘汰]の時代
勝ち組となるためのビジネスモデルと仕組みづくり

——厳しい外部環境に耐えるこれからの戦略と適応力

 ・ パチンコホールを取り巻く環境の分析 
 ・ 勝ち組になるためのビジネスモデルとは
 ・ 環境変化への耐性(スクラップ&ビルド、コスト増への対応)

 宮川 雄一 ㈱アミューズ・ファクトリー 代表取締役社長


S-6 講座 3月18日(水) 15:00~15:50 【女性集客&女性活用術】 [詳細]
女性客で賑わうお店づくりのポイント
——女性スタッフの[戦力化]が[集客力]を高める

 ・ 女性集客を本気で考えるお店のコツと事例研究 
 ・ 男性にはわからない女性トイレの現実
 ・ 女性スタッフが活躍できる会社の雰囲気づくり

 福森 加苗 アイキャンディ㈱ 代表取締役














 

 ●主催 綜合ユニコム株式会社 月刊レジャー産業資料 パチンコ産業年鑑
 〒104-0031 東京都中央区京橋2-10-2 ぬ利彦ビル南館6F TEL. 03-3563-0420 FAX. 03-3564-2560