15:10〜16:10
【Z講座】 【ホール資金調達】
パチンコホールの新・資金調達手法と財務戦略
 ●不動産担保不要、店舗粗利金を担保にした資金調達スキーム
 ●パチンコ店舗・投資ファンドの仕組み
 
大堀 博幸
潟Iーティス マネジメント 代表取締役 
2001年に東京スター銀行・頭取室秘書役兼経営管理室企画役に就任し、法人金融本部法人開発部長として、ホール企業への融資開拓業務に従事。04年、福友産業梶i現潟eンガイ)の東京事業本部長として、日本初のパチンコホール事業証券化を組成。05年、個人にてコンサルティング業務を開始、潟Kイア、潟_イエーの事業証券化を組成。06年外TIS.MANAGEMENTを設立、代表取締役就任。08年LLP(有限責任事業組合)スキームを開発、パチンコホール企業の再生事業で活用。09年には同スキームの活用により再生ホールの改装及び新規出店を実現。さらに10年には同スキームで資金調達及びパチンコホールのセール&リースバック等を実現。現在、多くのホールから新規出店並びに改装資金等の相談に応えている。
 
瀧本 憲治
UBI梶@取締役副社長 
慶應義塾大学卒。大手コンビニエンスストアチェーン本部勤務を経て、中小企業の2代目候補として両親の創業した会社で働くも挫折。後継に臨む2代目、3代目の経営者に貢献したいとUBI鰍フ企業再生事業に参加。不動産のオフバランススキームやCREマネジメントの立案、投資家との関係構築を主業務とする他、不動産特定共同事業法を活用したパチンコファンド等の組成・運用を手がける。中小企業診断士・米国公認会計士・宅地建物取引主任者。ブログ・メルマガ「投資の現場レポート」http://www.takimotokenji.com/