月刊フューネラルビジネス|2017年10月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量
月刊フューネラルビジネス 2017年10月号 本体価格3,300円

【特集】
葬祭事業者経営動向アンケート調査2017

今号では恒例の「葬祭事業者経営動向アンケート調査」を報告する。
このアンケート調査は、業界動向を継続的に把握することを目的に毎年定期的に実施。実際に葬儀を施行する葬祭事業者に直接記入形式で行なっている。

売上高・施行件数は昨年を上回るものの
 葬儀小規模化への備えは必須に
 ――編集部
 1. 事業主体とエリア
 2. 最新決算期の売上高と施行件数
 3. 売上高の前年度との比較
 4. 施行件数の前年度との比較
 5. 平均単価の前年度との比較
 6. 直葬の状況
 7. 17年度の取組みと見通し

【特別企画】
葬祭事業者売上高ランキング2017


年間売上高3億円以上の葬祭事業者を業態別に「専門葬儀社」「冠婚葬祭互助会」「互助会系事業者」「JA系事業者」の4つに分類し、最新売上高をランキングした。
ランキングの対象としたのは、葬祭事業を専業または主業で展開し、実際に葬儀施行を行なっている事業者。複数の業種を事業展開し、葬祭事業については従業で行なっている事業者については、葬祭部門の売上高が明らかになっている事業者のみ、部門売上高を掲載した。また、葬儀施行の斡旋・紹介のみを行なっている事業者は除外した。
ランキングには、専門葬儀社397社、冠婚葬祭互助会126社、互助会系事業者43社、JA系事業者48社が名を連ねた。

1. 専門葬儀社 売上高ランキング 397社
2. 冠婚葬祭互助会 売上高ランキング 126社
3. 互助会系事業者 売上高ランキング 43社
4. JA系事業者 売上高ランキング 48社

【KEY PERSON 業界創生人】
柘植吉一氏 兜髄屋 代表取締役社長

【Visual Report】
ウィズハウス苗穂本町[札幌市東区]
 ――札幌エリアの新拠点に開設された「ウィズハウス」のFC展開1号店

【FUNERAL REPORT】
故 寺田春一 葬儀[五所川原市ふるさと交流圏民センター オルテンシア]
 ――地域発展に尽くした功労者を1,000人超収容の公共ホールで送る

【特別インタビュー】
家族葬のパイオニアが迎えた“第二創業期”
 目指すは生活者の視点を重視した原点回帰
 ――潟Gポック・ジャパン 代表取締役 中道康彰氏

【CLOSE UP】
西岡霊廟[札幌市豊平区]
 ――「北の都・札幌」の全天候型屋内霊園が
   “ペットがゆっくりと眠れる”施設を開設
NPOりすシステム[東京都千代田区]
 ――人生100年、“ファミless社会”のいま
   生と死の「鮮やかな挨拶」のためにしておきたいこと

【葬祭パートナーズ企業GUIDE】
泣xストプロデュース[仙台市青葉区]
 ――「こころめもりぃ」ブランドでブライダル演出から参入
潟}イプレシャス[横浜市保土ヶ谷区]
 ――アルバム式やグルメ専門など特徴ある
   カタログギフトを返礼品として提案

【News&Information】
●東京都青山葬儀所、新設した遺体安置室の供用を開始
●東京・信濃町の一行院千日寺、開山400年周年記念「千日谷淨苑」建立
●南海グリーフサポートが「ティア泉北光明池」開業
 泉北高速鉄道沿線への出店強化でドミナント形成へ
●仏壇・仏具メーカーの保志、「アルテマイスター東京2017展示会」開催
●大阪・八尾の八光殿、1,553人集める人形供養祭を開催
●愛知・レクスト、県内42か所目となる「LEXT-杜-福徳」開業
●綜合葬祭トミヤマ、藤井寺市内2か所目となる会館オープン
●香川・ベルモニ―、高松市内19か所目となる会館オープン
●香川・綾川葬祭、丸亀市内に同社初となる会館オープン
●出雲殿 浜松法人、岡崎市内4か所目の会館オープン
●サンヴィラージュ、創作祭壇製作の技術指導にも積極参入
●全互協、第7回定時総会を熊本で開催
●一条真也氏、現代書林から『般若心経 自由訳』を上梓
●重要性高まる“デジタル遺品”についてわかりやすくまとめた新著

【連載】
次世代を担う若手僧侶が綴るリレーエッセイ「自寺改革」[3]
 ――宝照山 普賢院 副住職 品田泰峻師
“顧客獲得力”養成講座[7]
 ――お客様の立場で考える「葬儀事前相談」B
まちの葬儀社スタッフの“泣き笑い奮闘記”[10]
スタッフをやる気にさせるユニフォーム メイク術[14]
品格ある葬祭接遇ワンポイントレッスン[10]
 ――品のある落し物の拾い方

◆ビジネスナビ
 芝寿しポライトテクノ香蘭社八木研リリーフ


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043