月刊フューネラルビジネス|2017年3月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量
月刊フューネラルビジネス 2017年3月号 本体価格3,300円

【特集】
地域共生図る
中小葬儀社の事業戦略


「死亡数」は増加傾向にある一方、「人口減少」という、特に地方都市では深刻な影響を及ぼしている。高齢化が進む地方都市は、ピークアウトの時期に達しており、今後、ピークアウトを迎える大都市・中核都市の事業者には、地方都市葬祭事業者の戦略が参考になる。そこで地方事業者の現状をレポートする。

「死亡数増」「人口減少」――立ちはだかる2つの課題に
 地方中小葬儀社が活路見出すキーワードは「地域共生」

 ――編集部

【事例研究】
源兵衛堂[山形県米沢市]
花駒[京都府精華町]
東阪社[大阪府東大阪市]
セレモニー筑豊葬祭[福岡県飯塚市]
エム・ティー・ディー[長崎県松浦市]

【KEY PERSON 業界創生人】
笹新治氏 メモリアルウエスト(西町葬具店)取締役社長代行
江崎徹氏 はせがわ代表取締役社長

【Visual Report】
家族葬のラポール 和歌山南[和歌山県和歌山市]

【FUNERAL REPORT】
故 荒川博 葬儀・告別式
故 小林一敏 社葬

【Close up】
イースター式典社[兵庫県西宮市]

【葬祭パートナーズ企業GUIDE】
インターリンク[兵庫県西宮市]
東海製蝋[静岡県富士宮市]

【News&Information】
●大阪で「棺展」開催。吉野材製の棺展示と
 新たな葬儀のカタチ「キネマ葬」を提案
●東京観光専門学校葬祭ディレクター学科
 2年生14人が卒業制作を発表
●福岡を拠点とするSincerity、佐賀・鳥栖に家族葬会館を開業
●群馬・メモリード、前橋市中心部に「メモリード千代田会館」オープン
●出雲殿、転用会館「イズモ葬祭 イズモホール浜北赤佐」オープン
●全葬連と静岡協組、災害協定を県と締結
●全互協、第30回理事会・新年賀詞交歓会等を開催
●第13回お墓ディレクター検定試験、1・2級合わせて433人が受検
●日本消費者協会、アンケート調査の報告を兼ねてシンポジウム開催
●葬送支援業務などを展開するNPOが、さいたま市でシンポジウム開催
●高齢者の定義は4割が「70歳以上」、希望する終の棲家は「自宅」7割
 ――厚生労働省「高齢社会に関する意識調査」から
●16年の全国自殺者数2万1,764人で7年連続減少
 ――厚生労働省「警察庁の自殺統計に基づく自殺者数の推移等」から
●長江曜子氏監修の「世界のお墓文化紀行」、2016年11月刊行
●證大寺、寺院業界初の取組みとなる「LGBT研修」を受講

【連載】
「墓じまい」の実務[3]
品格ある葬祭接遇ワンポイントレッスン[3]
まちの葬儀社スタッフの“泣き笑い奮闘記”[3]
アーバンフューネスのITソリューション構築手法[最終回]
前向きなコスト削減のススメ[最終回]
スタッフをやる気にさせるユニフォーム メイク術[7]

◆ビジネスナビ
八木研西九州メディアOASISコーポレーション事前相談士協会


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043