月刊フューネラルビジネス|2016年6月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量

月刊フューネラルビジネス 2016年6月号

本体価格3,300円

【特集】
新局面を模索するJA葬祭
地域企業としてのスタンスを礎に
求められる次代型葬祭サービスの確立

――編集部

「人材育成」「地域との関係の再構築」
  変化する葬祭市場でJA葬祭が生き残るには
  ――JA東京中央セレモニーセンター
    代表取締役社長 丹野浩成

[事例研究]
ジェイエイ大館・北秋田葬祭センター[秋田県北秋田市]
――事業開始20年でシェア50%超えの地域一番店
  高齢社会を見据えたサービス展開で新たな段階に
グレース[長野県伊那市]
――「中期3か年計画」経て急躍進、成長期から
  安定経営の基盤整備に注力し、シェア50%超
JA松阪[三重県松阪市]
――組合員目線のサービスメニューを豊富に揃え
  発足以来、不動の市内シェアトップを維持
JA広島中央[広島県東広島市]
――次世代組合員との関係構築を目指し
  「相続支援」窓口を設けてアフター強化
ジェイエイにしうわ[愛媛県八幡浜市]
――組合員や市民との交流深める集客イベント実施
  地域に存在感示すJAのファンづくり

【特別インタビュー】
多様化するライフエンディングニーズに応える
 「現場力」がなす高品質サービスの実践
――燦ホールディングス 代表取締役社長
  野呂裕一氏

【KEY PERSON 業界創生人】
太田博久氏 太田屋代表取締役社長

【Visual Report】
ハート葬祭 グレイスホール日光 [栃木県日光市]
――同一敷地に2棟新築し多様なニーズに応え
  寡占状態の葬送マーケットに後発参入

【FUNERAL REPORT】
故 青木康夫 社葬
――故人ゆかりの大自然を模した
  約2万本の生花祭壇で功績讃える
故 加藤隆弘 合同葬
――生花祭壇の赤花ハートが
  早世した三代目院長を象徴
板垣 宏 お別れの会
――老舗繊維メーカーの礎を築いた
  元社長を偲び600人近くが参会
安藤 昇 お別れの会
――組長から転身した異色の映画人を
  故人好んだ約3,000本の花々で送る

【News&Information】
●日本香堂、キャンペーンを兼ねた一般招待イベント
 「母の日参りハートフルタイム」開催
●東京を会場に複数の企業・団体が仏壇・仏具等の見本市を同時開催
●ダビアス北海道、札幌市内2か所目の「ダビアスリビング白石北」開業
●新潟・山内葬祭、ダビアスブランド3号店「ダビアスリビング新潟南」開業
●ティア、名古屋市北区内2店舗目の「ティア黒川東館」オープン
●大阪・公益社、グループ県内11か所目の「公益社 六甲道会館」開業
●長崎・松本仏壇店、諫早市内2か所目の「フューネラルホール 椿」開業
●大阪・八尾の八光殿、家族葬会館を2館同時にリニューアルオープン
●龍谷大学と上智大学が協同で5月から「グリーフケア」公開講座を開催
●岩手・坂本屋、盛岡で東北葬儀供養ビジネスフェアを開催
●仙台・清月記、キッズ・ブライダル・カフェと事業多角化推進
●東京・足立区の東京武道館で「終活大学フェアin東京武道館」が初開催

【連載】
アーバンフューネスのITソリューション構築手法[3]
前向きなコスト削減のススメ[3]
私の天職[7]
供養関連団体 活動レポート[5]――全日本葬祭業協同組合連合会
適色適所 葬祭会館の色彩戦略[6]
生花祭壇デザインを極める[11]――デザインを極める秘訣U
葬祭業 集客看板の科学[12]
◆ビジネスナビ
 ウィルライフリミット通販カミカワ服飾倉絆.ファインズ


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043