月刊フューネラルビジネス|2014年2月号 [ホームへ戻る]

最新号バックナンバーお申込み




バックナンバー

媒体資料

数量
データ重視により葬祭業界の現状を徹底レポート!

月刊フューネラルビジネスは、
最新ニュースと事業経営手法
葬祭業界のトレンド等最新事例
を毎月お届けする業界随一の月刊総合情報誌です。

※本書は書店ではお求めになれません

2014年2月号(no.207)

【2014年1月刊行】
定価:本体3,300円+税

【特集】
葬祭事業者 販促手法の実態調査
145社の回答結果から浮かび上がる売上げ・施行増加の効果的販促手法
―文殊リサーチワークス

1. 販促活動の実施概況
2. 販促手法の実施率
3. 販促手法の注力度
4. 最も効果が高いと思う販促手法
5. 売上貢献・施行数貢献
6. 対売上高販促費率
7. 今後注力したい販促手法
8. 地域特性


【販促支援企業レポート】
(株)創心社[大阪府吹田市]
 ――差別化のポイントとなる「営業力」を
   戦略からツールまでトータルに提案

【KEY PERSON 業界創生人】
武笠文吉氏 (株)福祉葬祭代表取締役

【FUNERAL REPORT】
故 豊田英二 お別れの会[ウェスティンナゴヤキャッスル]
 ――自動車メーカー“中興の祖”を2部構成で3,000人超が送る
故 宮原九一 合同葬[メッセウイングみえ]
 ――“魚が泳ぐ”16間生花祭壇で漁業振興に捧げた生涯讃える
故 山崎豊子お別れの会[大阪市立葬祭場「やすらぎ天空館」]
 ――地元・大阪で約400人が社会派作家とお別れ
故 渡邊哲男 教団葬[救世会館]
 ――海外布教の遺徳を讃え、教団本部で2,000人が追悼

【Visual Report】
寒川斎場[神奈川県寒川町]
 ――顧客ニーズと会館差別化に応える“和”イメージへのリノベーション

【エリアレポート】
[再訪]新潟市(後編)
 ――家族葬に焦点当てた会館づくり活発化
   旧市町地域で健闘する専業者も存在感
 アークベルビップ八百傳商店豊栄セレモア山内葬祭

【CLOSE UP】
鳥栖セレモニー(株)[佐賀県鳥栖市]
 ――24の異業種会社が出資し葬儀社設立 会館構えるも認知度アップが課題

【話題&話題】
設立1年機にシンポジウム 「森の墓地」確立目指す
 一般社団法人の活動本腰

【News&Information】
●健康・介護・医療の複合イベント「かぞく市」
 エンディングプランの平本百合子氏が講演
●唐津公善社、ピンクカラーの霊柩車を導入 2014年1月1日から運行開始
●神奈川こすもす、他社会館をリノベーション 「ダビアスリビング磯子」開設
●ティア、名古屋と大阪・寝屋川に直営会館を同日オープン
●出雲殿、静岡・浜松と愛知・豊橋で同日に会館オープン
●千葉・セレモ、「セレモ鎌ヶ谷ホール」を老朽化に伴い建替えオープン
●東京・くらしの友、横浜市港南区に「くらしの友 港南台総合斎場」開業
●第6回福島県JA葬祭スタッフ接遇コンテスト、グランプリは伊達みらい
●人材育成のヒント学ぶ、2回目の「GSIゼミナール」開催
●「終活フェスタ2014 in 東京」、14年8月開催に先立ち説明会実施
●仕出し料理の玉乃家、白洋舎と提携し礼服クリーニングサービス開始
●NPO手元供養協会が21回目の葬祭関連企画展を京都で開催
●「おやのため、わたしのための終活フェア2014」が名古屋で5月開催
●日本の地域別将来推計人口C南関東編
●2013年の年間死亡数、推計127万5,000人
 ――厚生労働省「平成25年(2013)人口動態統計の年間推計」から

【新連載】
●礼法小笠原流から鍛える接遇力アップ講座 「お・も・て・な・しの所作」

【連載】
●生花祭壇設営のツボ(6)
●終活カウンセラーが見た、聴いた イ・マ・ド・キの高齢者事情(11)
●知らなかったでは済まされない!葬儀社のための法律基礎講座(10)
●葬祭企業経営者向け!「ドラッカー入門講座」(5)
●タダノセレモニーの社内月呆(14)
●おくりびと養成講座受講奮闘記(2)


[ホームへ戻る] お問合せ:03-3563-0043